男性が結婚後に後悔する可能性が高い女性の特徴

結婚した夫婦

とにかくカネを遣わせようとする女だけは女房にしないことです。

遠藤周作(『考えすぎ人間へ』より)

男が結婚して幸せになる方法はケース・バイ・ケース。つまり無数にあるが、結婚して不幸になるための方法はシンプルである。

すなわち、男を不幸にする女性と結婚すればいい。具体的には、男にお金を遣わせまくる女は結婚相手としては最悪の選択かもしれない。

女性には2つのタイプがいる

あなたの身近にこんな男性はいないだろうか?

結婚前はイケイケで魅力的。仕事も人生も上手くいっていたのに、結婚した途端、何もかもダメでイケなくなってしまった男性が。その男の嫁の姿を見ればきっとあなたも納得できる。「だから男は落ちぶれたのか」と。

それを知るカギとなるのが、女性の2つのタイプである。

早い話、女性には「恋人型」と「女房型」、2つのタイプの女性がいる。前者は華やかな女性が多く行動範囲が広いので、恋愛をしているときは正直とても楽しい。

「恋人型」の女性との恋愛は楽しい

ただし「恋愛型」の女性とのお付き合いは男性としても選別眼が必要とされる点は、特に注意が必要である。

というのは、「恋愛型」の女性のなかには、いわゆるサイコパス気質の女性が少なくない。つまり男性を完全に利用対象として認定しているので、その持てる全てを遠慮なく吸い付くそうとするタイプが存在している。

具体的には一昔前のアッシー君メッシー君と男を用途別に使い分けていた女性を想像すると話が分かりやすいだろう。

この手の女性と付き合うといろいろ楽しくて刺激的な日々が送れる一方で、その代償としてお金やエネルギーその他諸々を、プレゼントやらイベントで、女性に費やすことになる。

そして夢を持って結婚した男性は後日、ここでは詳細を書くことはしないが、心が満たされない不幸な毎日を送るというお約束である。

長く付き合うなら「女房型」

一方、男が結婚して幸せになれる可能性が高いのは後者、「女房型」の女性と結婚する道である。

「女房型」の女性は、可愛らしさ、美しさ、愛らしさの面では、その良さが伝わりにくいかもしれない。というのは、比較的地味で控えめな女性が多いからである。

だから、一緒にいても「恋人型」の女性と一緒にいるときのような激しい感情は味わえないかもしれない。

しかし、「女房型」の女性はいつも男性に気遣いを欠かさない。デートするときも何するときでも、男性に余計な負担をかけまいと気を遣う。

その気遣いに気がついたら、「俺はこの子と結婚してもいい」と覚悟を決めていい。きっと、その選択は可能性として手堅い。

なぜなら結婚は現実であり生活の継続である。すなわち、一緒にいてストレスなく、かつムリのない女性が一番でだからである。

最後に

ということで、どんな女性と結婚するか。どんな女性と結婚したら不幸にならないですむか。男性として知っておく価値がある2つの分類について、覚えておいて損はない。

「そろそろ結婚するか・・・」

と何となく感じている男性のあなたには、今交際中の女性がどちらのタイプなのか?一度じっくりチェックしてみることをおすすめしたい。

人生は長い。後悔しない選択をしたいものである。

あわせて読みたい

今の彼女と結婚していいのか。問題はこの覚悟があるかどうか

男は本来寂しい生き物。結婚しても独身でも、孤独で寂しいのは皆同じ

時間を忘れて夢中になれる。そこに自分という人間の