なぜ美人と結婚すると後悔するのか?

ぱっと目を引く美女たち

男性が女性を選ぶ時には「包容力」のある女性かどうかで判断しなければいけません。

「包容力」は、優しく男性を包み込める度量があるか・ないかーがカギになっています。男性を否定しない、批判しない、無視しない優しさです。

男性を女性より、格上の存在として肯定し、男性の立場を理解し、癒やしてくれる女性なら、文句なく結婚すべき相手でしょう。

男性が失敗するのは、美人や可愛いーといった容姿を最優先事項として、結婚を決めるケースです。

神岡真司

物事には、「時間とともに何もかも変わってしまうもの」と、「時間がどれだけ経とうとも決して変わらないもの」がある。

もしあなたが真剣に誰かと人生を生きていこうと考えるなら、その相手の「決して変わらないもの」に着目して相手を選ぶことを強くおすすめしたい。

なぜなら、一緒に暮らしていくということは現実である。

現実は継続なので、そこを見誤ってしまえば、現実は一瞬にして地獄に早変わりしてしまう。そうなれば、24時間365日、あなたは休むことなく毎日苦痛を味わうことができる。

例えば性格。

人の性格は原則的に変わらない。せこい人は結婚してもせこいし、優しい人はどんなときも、そして誰にたいしても優しい。

性格はその人の本質的なものなので、そうやすやすと変わることはない。

だから、温厚な人と結婚すれば、あなたが不誠実な言動をしない限りは、家庭は落ち着ける、安らぎの場になる可能性が高い。

一方、感情の起伏が激しい人と結婚すれば、あなたの家庭はいろんな意味で刺激的な環境になるのは間違いない。

もっとハッキリ言うと、あなたはもはや、心の安らぎを見出すことができなくなることをお約束する。

だからこそ、ずっと一緒にいる相手を選ぶなら絶対的に、その人の「決して変わらないもの」に着目するのが安心である。

逆に、「時間とともに何もかも変わってしまうもの」で選べば、早いと1年以内。たいていの場合は3年以内に後悔することになるだろう。

この話はおそらく具体的にしなくても、賢明なあなたには察してもらうことができると思うので、これ以上語る必要はないだろう。

つまるところ、人生真剣に考えるなら性格が一番。安定かつ堅実的、安心できる相手が一番、という話だ。

出典

『男と女のLOVE心理学』(マガジンハウス、2017年)