結婚相手を間違えない方法

結婚おめでとう!

もしあなたが未婚で、これから結婚相手を探そうとしているなら、できるだけ遠い未来を想像してみることです。

繰り返しますが、大切なのは、いまだけではありません。家庭生活は遠い未来に続く道のりだからです。

林總

結婚は人生の一大事。

だからこそ結婚を考えたとき、この人と結婚したら幸せになれるのか。この人で本当にいいのか。真剣に、本当に真剣に、考える価値がある。

なぜなら結婚は離婚を前提にするものではない。誰もが失敗したくないものだ。選択に迷うのも、当然の話である。

つまり本当にこの人と結婚してもいいのか。そこが問題になるわけだが、ではどうやって正しい人を見分ければいいのか?

そこで大切なのは、ほんの少しの想像力である。

今目の前にいるパートナーは、10年後20年後、どんな人になっているのか。

例えばあなたが女性なら、今目の前にいる彼は、10年後20年後、いくらくらい稼ぐ男になっているのか。

あなたが男性なら、今目の前にいる彼女が、10年後20年後、どのような容姿になっているのか。

想像力を働かせて、将来を想像することが大切だ。

それともう1つ、よく言われることだが、パートナーの両親を実際に見ることも、結婚相手で失敗しないための大切なことである。

なぜならカエルの子はカエル。子どもは親の姿を見て育つ。そして、親から受けた教育は、一生解けない呪いのようなもの。

この意味で、両親の姿=パートナーの将来の姿になる可能性は十分ある。

もしあなたが今結婚を考えていて、

「本当にこの人と結婚してもいいのだろうか?」

と悩んだときは、ぜひ、今のことだけで判断するのではなく、将来のことを想像して、パートナーを選ぶことをおすすめしたい。

時計の針を元に戻すことはできない。つまり一度下した結論は、もう二度と、もとに戻すことはできない。

結婚するなら幸せになりたい。だから絶対、後悔しない選択肢を選びたい。つまるところ、そういう話だ。

出典

『人生を黒字にするお金の哲学』(WAVE出版、2018年)