愛しているうちはまだ嫌うことができる。しかし本当に愛がなくなってしまったら

別れを迎えた女性

愛の仕事がとる主なかたちは、関心である。

人を愛するとき、われわれはその人に注意を向ける。その人の成長に関心を持つ。

自分を愛していれば、自分の成長に関心を持つ。人に関心を持つこととは、その人に気をつかうことである。

M・スコット・ペック

誰かを愛する。そして、その愛が終わるとき。

それは、もう自分が「この人のことを好きではない」と感じるときである。心からもう、その人のことがどうでも良くなったときである。

今何をしているか。誰といるのか。今度の週末はどうするのか。

その人のことが何もかもがどうでもよくなって、次第に頭に浮かばなくなる。そしてやがては、全く関心を失くしてしまう。

これこそがまさに、本当の意味での愛の終わりである。

それまでは愛しているがゆえに、その人のことが気になっていた。しかし、今ではまるで赤の他人のように、どうでもよい。

それは一言で表現すると、「無関心」という状態だ。

この意味で、「愛の反対は嫌いではない。無関心である」という偉人の教えは、本当に納得できる。

そう、その人のことが完全にどうでもよくなってしまったとき。そこにもう、愛はない。

私たちは、愛する人に関心を払う。そのときは驚くほどの記憶力を発揮し、どんな小さなことでも、その人のことを知ろうとする。

しかし、「もう私はこの人のことを愛してはいない」ということに気づいたとき、すべてはどうでも良くなる。

かつて愛した人はもはや、赤の他人であり、いてもいなくても変わらない、存在に成り果てる。

だから、どこで何をしていてもどうでもいいし、自分には関係ない。

この意味で、まだ「嫌い」という感情が残っているうちは、まだ愛はある。なぜなら、相手に対して関心を抱いていなければ、「嫌い」という感情は湧いてこないからである。

しかし、嫌いを通り越してどうでもよくなってしまったとき。そのときはもう、手遅れである。

一つの愛の終わりを受け入れて、次へ進んでいくときである。

出典

『愛すること、生きること』(創元社、2010年)