本当の意味で人生を好転させるために今すぐやめたい3つのDワード

自己主張が激しい女性

日本には古来より言霊という考え方がある。

すなわち、

「自分が発する言葉には魂がやどり、発した言葉どおりの現実がやって来る。だから人生を好転させるためには前向きな言葉を使うこと」

これが言霊の考え方であるが、正直言霊がどれだけ本当なのか、個人的には大きな疑問を感じている。

言霊で人生を変えられるか?

「私はお金持ちだ!」と何度口にしたところで、お金が空から振ってくることはない。

「ツイてるツイてる」と何千回言ったところで、ツイてないことが起こるときはツイてないことが起こる。

つまり希望に満ちた言葉を口にしていても、人生が今すぐ目に見えて好転することはないのである。

だからむしろ、言霊という大義名分で目の前の現実を言葉でごまかそうとすることは、プラスどころかマイナスの現実を招く。

ウソの言葉で目の前の現実を塗り替えようとする試みは、本当の意味で自分のためにはならないのである。

使う言葉で人間性を判断できる!

とはいえ、言葉には口にした方がいいことと、口にしない方がいいことがあるのものまた確かだ。

例えば人相。

口を開けば不平不満。誰かの悪口ばかり言っている人の人相を見るといい。「だからこの人はこんな顔をしているのか」と納得できる証拠を、そこかしこに見つけることができる。

すなわち、汚い言葉。誰かを傷つける言葉。貶める言葉。

そんなマイナスの言葉を使い続けていれば、言葉を吐かれた人ではなく、言葉を吐いた当人に、そのマイナスの影響が及ぶ。

この件に関しては言霊は正しい。真実であると実感している。

だからこそ、言葉には注意をすること。自分の発言には責任を持つこと。これは、自分の人生を自分自身でめちゃくちゃにしない基本原則である。

人生を台無しにする3つのNGワード

この話をもっと実践レベルで意識するために大切なこと。

それは「どんな言葉を使うのか」ではなく、「どんな言葉を使ってはいけないのか」。つまり最低限のラインを意識することである。

そこで重要なのが、人を中傷、非難する言葉を使わないなど、人として当たり前の原則を守ることである。

その上でさらに重要なのが、普段の会話のなかで、次の3つの言葉を使わないことである。

すなわち、「でも」「だって」「どうせ」という有名なDワードである。

3つのDワードを使う効果

「でも」「だって」「どうせ」

あなたはこの3つの言葉を見て、共通点に気づいたかもしれない。それは、相手の発言を否定して不快にさせるという共通点である。

良かれと思って口にした言葉を「でも」「だって」「どうせ」と否定される側になってみれば、その言葉の破壊力を思い知るだろう。

この3つの言葉を口癖にしていれば、やがて会話をしてくれる人の数は徐々に減っていき、やがて誰一人、助けてくれることはなくなる。

つまり、イヤな人と認識されて周囲から孤立したければ、大切な人を失いたいと思うなら、常にこの3つのDワードを意識して使えばいい。

特に、恋人や家族など、人生において重要な人を不快にして、傷つけたいと思うとき。

「でも」「だって」「どうせ」の言葉の威力を、存分に発揮することができる。破壊力は抜群である。

私が「でも」ばかりの彼女と別れることを決めた理由

例えば、個人の経験で恐縮だが、私がかつて交際していた女性の一人に、このDワードの熟達した使い手がいた。

彼女が何かを話すときは言葉の先に「でも」。何度もこの言葉を聞かされると、心がもやっとして、ストレスがどんどん蓄積していく。

彼女言葉を発する80%以上、言葉の先頭に「でも」がつくのだが、本人は多分、そのことを意識していなかったと思う。

それはもしかしたら、他人を否定しても自分の主張を貫きたいという彼女の無意識の思考の現れだったのかもしれない。

だから、彼女と会話をしたあとはいつも、とてつもない疲労感を感じたことを、今でも思い出す。

夜にLINE電話の着信があって「でも」「でも」「でも」と連発されたときにはもう、会話そのものを拒否したくなるレベルであった。

つまるところ、会話をするだけで疲れる。距離を起きたくなる。そんな人間関係は、断じて健全ではないという話である。

まとめ

このように、Dワードは大切な人間関係すら破壊する危険な力を持っている。

無意識に自分の人生。大切な人間関係をぶち壊したくないならば、口癖には注意することである。

とくに、「でも」「だって」「だから」といったDワードは、今すぐ全てをぶち壊すことはないが、じわりじわり。

薬が効いていくように、人生の現実を悪い方に変えていく力を持っている。

だからこそ最低限、「でも」「だって」「だから」。普段の会話でこの3つのDワードを使っていないか。

注意することをおすすめしたい。

最後に

口癖は本当に怖いものである。たった一言で、大切な人間関係をぶち壊し、人生を台無しにしてしまうこともある。

言霊がすべて正しいとは思わないが、人生使わないにこしたことがない言葉があるのも事実。

それは今すぐマイナス影響を与えないかもしれないが、一回一回その言葉を口にすることによって、じわりじわりと人生に悪影響を及ぼしている。

ということで、あなたが人生をぶち壊したくないならば。周囲に敵を作りたくないならば。大切な人を失いたくないならば。

Dワードにはご用心を。

あわせて読みたい

言葉を気遣うことは自分の運命を気遣うこと

感情が込められたとき、言葉は言霊に変わる

何を言っても無駄な人との付き合い方