人生ダメダメだった私が読書で実感できた効果効能

本を読む女の子

1冊の本が人生を変える。

知らない世界を知ることは、本当に素晴らしいことだ。そして知らなかった世界を知ることで、人生はもっともっと、ずっとずっと、素晴らしい人生になっていく。

本を読む効果

大学生の頃、ゼミの教授に「本を読め!」と口うるさく言われたことがある。でも、「読書?興味ないしどうでもいいや」と全然本には縁がなかった。

そんな私が、今は1日1冊~3冊も本を読むようになるとは、人生は不思議なものだが、なぜ本を読むようになったのか?理由はいろいろある。

単純に面白い

1つは単純に面白くて役に立つから。本を読むことで、様々な知識を得ることができるし、いろんな人の考え方、価値観を知ることができる。

新しいことを知ることで、自分の考え方が広がる。自分の価値観が変わることで、以前は見えなかった新しい世界が見えてくる

私の場合は、就職で失敗し、やっとのことで見つけた仕事も馴染めなくて、「これからどうしよう・・・」と悩んでいたときある本と出会った。

それによって、新しい生き方を見つけることができた。この体験以来、積極的に本を読むようにしている。

自己啓発として効果がある=人生が変わる

2つめは自己啓発、すなわち自分の能力を高めるため。

仕事で悩んでいること、疑問に思っていること、本はそれらを解決するためのヒントを提供してくれる。

本を読み、書かれていることを自分でトライしてみる。これにより、自分の脳力がアップする。

もちろん、「本を読むだけ」では能力はアップしないかもしれない。ダイエットしたい人が、ダイエット本を読むだけで痩せられないのと同じだ。

でも、本に書かれていることをやってみることで、自分の中の引き出しを増やすことができる。

そして実際、本に書いてあることを実践していくことで、目に見えて人生が変わっていった。

仕事。目標達成。メンタリティ。本をただ読むだけでは目に見える変化を期待することはできないかもしれない。

しかし、書かれていることを自分なりに実践していくことで、「この現実はマジですか?」と驚くような、未来を手に入れることができるのは、実際問題、事実である。

精神の健康を保つ

最後に、マインドケアのための読書。

生きていると様々なことがある。人とのトラブルや仕事の失敗など、落ち込んでしまうことがある。

そういうとき、心を支え励ましてくれる本がある。

自分と同じ悩みを抱えた先人が書いた本を探し、その本を読む。すると、「まさに自分のために書かれたんじゃないか?」というメッセージと出会う。

それを読むと、自然と心が落ち着き、「また頑張るか!」という気持ちになる。

落ち込んだときは友人や恋人になぐさめてもらうのもOKかもしれないが、相手の都合もあるし、そんな都合の良い人はそうそう見つからない。

本なら、いつでもどこでも、一緒にいて必要に応じてメッセージを届けてくれる。

まぁ、人生いろいろ悩むときは、本屋さんへ行って、「ピン!」ときた本を読んでみるといいと思う。

落ち込んだときにする読書は、こころを癒す最高の処方箋になるだろう。

最新の研究によると、読書にはストレスを解消する効果が期待できることが分かっている。

本を読む人生読まない人生

私が後悔しているのは、もっと頭が柔らかった10代に読書をしなかったことと、時間に余裕のある大学生のとき、読書をしなかったこと。

読書をすることで人生がガラリと変わってしまうことだと思う。

本を読むことで、新しい世界が広がる。それによって、以前の自分とは違う考え方ができるようになる。

加え、地頭がよくなるのので、人の言うことを鵜呑みにすることもなくなる。

自分の頭で考えられなければ、人の言うとおりにするしかない。これは、現代社会を生きる上で、大きなリスクになる。

本を読んで、古今東西様々な人の考え方を知る。それによって、今僕が生きている21世紀の世界を生き抜くヒントが見つかる。

大げさだが、読書にはこのような大きな力があると思っている。実際それは自分でも体験したし、自分の頭で考えられるというのは、素晴らしいことだと思う

この意味で、読書は素晴らしい自分磨きの方法だと思う。

「人生上手くいかない、どうしたらいいのか・・・」

と現状に不満を感じたら、まずは本屋へ直行して、気になる本を読んでみるのがいいかもしれない。

そこで見つけた本が、文字通り、あなたの人生を変えるチャンスになりうることは、声を大にしてお伝えしたい。

最後に

以上、読書の効果についていろいろ書いてきたが、控えめに言っても、本を読めば人生が変わる。

特に、「これは!」という本と出会ったとき。文字通りビフォア&アフター。大きく人生が変わる。

わずか1,500円のお金を払えば、人生を変えるチャンスを見つけることができる。この意味で読書は人生をより良く生きたい人にとって、最高の自己投資である。

書店に行き心の赴くまま、本を手にとってみる。もしかしたらそのなかの一冊に、あなたの人生を大きく変えてしまう、運命の一冊が見つかるかもしれない。

それは誇張でも何でもなく、本にはそれだけの力がある。この記事を読んでいるあなたには、そのことをお伝えしたい。

あわせて読みたい

コスパ最強の自己投資法。それこそが「読書」

なぜ本は「借りる」より「買う」なのか

自己投資は身ゼニを切る。タダでは何も得られないから