努力するなら正しい努力。報われない努力は今すぐ

成功者

努力という言葉は美しい。

そして、努力することが、人として成長するために必要不可欠なことだと、私たちは教えられてきた。

しかし。

努力には良い努力と悪い努力がある。つまり、報われる努力と、報われない努力である。

スポンサーリンク

はじめに

努力することは大切だ。

そう、努力なくして、私たちは1ミリたりとも現実を変えることはできない。しかし、ただ努力をすればいいという、単純な話でもない。

大切なのは、努力がきちんと報われることである。頑張ったことには意味があった、そのことをきちんと実感できることが大切である。

そのために知っておきたいのは、なぜ、努力が報われないのか、ということである。

この意識を持っておくことで、自分の努力が正しいのか。それとも間違っているのか。

判断しつつ、前へ進んでいくことができる。それは、努力をムダにしないという意味で、とても大切なことである。

「その努力に意味はあるのか?」という視点

端的に言って、する意味がない努力とは、結果が出ない努力である。

それはすなわち、間違った努力であり、それに気がつかない限り、努力が報われることはない。

つまりここで大切なのは努力のコスト意識である。

その努力で何を、どれくらい得られるのか。それを考えた上で努力することが大切なのだ。

その努力は本当に意味があるのか。頑張る意味はあるのか。それを考えることは、無意味な努力を避ける上で、絶対に大切な視点である。

人生は有限。努力する時間にも限りがある

努力するなら報われたい。頑張っていることが意味があることなのだと、実感したい。

しかし最悪なのは、努力に努力を重ねた挙げ句、何一つ、物事が思う通りに上手くいかないことである。そして何一つ得ることができない。

そして、今までの時間と労力。全てが無意味になってしまう。それは虚しいだけでなく、人生において、大きな痛手となる。

なぜなら、人生は有限。つまり、努力する時間ですら、限りがあるからだ。

もちろん、人生でムダは必要である。ムダから大切な何かを学べることもある。しかし、ムダな努力はムダ。

人生の貴重な時間を、無意味に浪費する必要はない。

最後に

努力とは、今よりもっとより良い自分になるための試みである。だからこそ、努力には価値があり、努力する人は美しく輝いている。

しかし。

いくら頑張っても報われない。他の誰か以上に頑張っても、自分だけはうまくいかない。結果を出せない。

それは人を痛く傷つける。そして、努力する意欲すら、奪ってしまう。それではいけない。

だからこそ、頑張るなら報われたい。結果を出したい。間違った努力で、人生を浪費するヒマなど、一秒もないのだ。