つながらない人とはどう頑張ってもつながらない

幸せなカップル

世の中には「縁がある人」と「縁がない人」がいる。

「縁がある人」とは、自分の意志に関わらず、必然的に人間関係ができる人たちのことである。それは恋人であったり親友であったり、職場(仕事)で世話になる人だったりする。

特に理由がなくても彼らと一緒に過ごすことになる。ともに時間を積み重ねることになる。それが「縁がある人」である。

一方「縁がない人」とは、どうにもこうにもつながりが持てない人たちのことである。

例えばどうしても好きになのに付き合えない人。会いたいと思っているのにいつもタイミングがすれ違う友人。同じ空間にいても、全く接点ができない人。

そういう人たちのことである。

結局縁がなければ、どうしようもならない

「縁がある人」と「縁がない人」、それを考えると、人間関係とは本当に不思議である。

同じ場所、同じ時間にそこにいたとしても、縁がなければ関係は作られない。しかし、どんなにタイミングが悪くても、「縁がある人」とはどうしても距離が接近していく。

というより、「縁がある人」とは何もかもがタイミングがいい。会うにしても、お互いタイミングがあって、接近するのに何の障害もない。特にこれは、恋愛関係において顕著な傾向である。

お互い縁がある。そうなるとデートのタイミングもバッチリだし、電話やLINEのタイミングもバッチリだ。関係が深まっていくのに何の障害がない。だからこそ、「縁がある人」なのだろう。

しかし、「縁がない人」は全くその逆である。会おうとしてもタイミングが合わない。お互い好きであったとしても、何らかの事情によって付き合うことができない。コミュニケーションが空回りする。

そうやって距離が近づくどころか、どんどん遠くなっていく。そして最後には「結局縁がなければどうにもならない」という現実を実感させられる。

縁があること、それだけ理由は十分

「縁がある人」は自然に近くなり、「縁がない人」は自然に遠ざかっていく。もしかしたらそれが自然なことなのかもしれない。

だから、「縁がない人」を追いかけるのは時間の無駄である。なぜなら、自分の人生に必要がないからこそ縁が遠くなっていくからである。

縁は無理やり作るものではない。だから、どう頑張ってもこの人とはつながれそうにない。そう思ったら素直に撤退するのが吉なのかもしれない。

実際問題、「縁がない人」とは何をどう頑張ってもつながることができない。もちろん稀に例外はある。しかしそれは本当に稀である。

だから「縁がない人」を追えば追うほど、無駄な執着が生まれ、時間とお金を無駄にする。それは究極的に人生の無駄である。

縁がない人を追いかけて人生を無駄にするかわり、今自分のもとにやって来ている「縁がある人」を大切にする。自分の好みは置いておいて、今自分のもとにやって来ている縁を大切にする。

その方が良い結果につながるのは明白過ぎるほど明白である。

最後に

世の中には「縁がある人」と「縁がない人」がいる。

もしこの世に生まれ与えられた縁を無駄にしたくないならば、意識すべきことはシンプルである。「縁がある人」を大切にして、「縁がない人」に執着しない。ただそれだけである。

自分の希望がどうであれ、縁があれば必ずそれ相応の関係へ発展する。逆また然りである。縁がなければ、そこに人智や努力は一切、効果を発揮しない。そして、結果論から言えば、それでいいのである。

世の中にはつながる人がいて、つながらなくてもいい人もいる。それにはそれなりの、理由があるのだから。

あわせて読みたい

なぜあの人と縁がなかったのか。その理由が今分からなくても

「特別な人」とはトントン拍子にご縁がつながる話

「出会いたい」と思ったときに与えられたご縁の意味