何を言っても無駄な人との付き合い方

怒っています

世の中には、話せば分かる人と、話しても分からない人がいる。

前者の場合は、誤解が生じたとしても、真摯に向き合い、話し合いを続けることによって、理解し合うことができ、よりよい関係を築く努力をすることができる。

ところが、後者の場合は、基本的に何をどう言ってもムダである。馬の耳に念仏で、彼らの頭の中は「絶対自分が正しい」という考え以外ない。

だから、話しても話しても状況が良くなることはなく、彼らに真摯に向き合おうとすればするほど、「正直者が馬鹿を見る」という理不尽な目に遭いやすい。

だから、「この人に何を言っても無駄だ」と確信した段階で適切な対応を取ることが、彼らによって人生を台無しにされないための予防策となる。

何を言っても無駄な人との付き合い方

こちらの話を聞かない。全く聞く耳を持とうとしない。感情的になってまともな話し合いができない。

こういう場合、打つ手は一つ。その人が変わるのを諦めて距離を置くことである。

人間関係の重要な原則の一つに、「人は変えることができない」という原則があるが、何を言っても無駄な人と関わる場合、なおさらこの原則を忘れないようにしたい。

早い話、彼らには何をどう言っても何かが変わることはない。だから彼らに変わることを期待してはダメなのだ。

彼らがそのような態度を取るには、きっといろんな理由があるのだろう。しかしそれを知ったからといって何がどうなるというわけではない。

彼らは決して変わらない。あなたが誠意を尽くそうと、必死に説得しようと、彼らがあなたの言葉を聞き入れることはないだろう。

だからこそ改めて、「人は変えることはできない」という、絶対原則を忘れないようにしたい。

人間関係でしてはいけないこと

世の中には決して分かり合えない人がいる。

もし、世界中皆が、話し合いで分かり合うことができたら、世の中は絶対、もっと住みやすい場所になっている。

しかし、世の中には分かり合えない人はゴマンといる。だから人間関係で「~あるべき」という理想論を持つことは厳禁である。

世の中分かり合えない人もいる。分かり合えないだけならいいが、悪意を持ってあなたを攻撃しようとする人もいる。

人間関係において理想論を持つのはいいが、その場合、理想論によって痛い目に遭うことを覚悟したほうがいい。

もしそれが嫌なら、現実に立ち返るしかない。「自分の話を理解してもらえるはずだ!」とは考えずに、現実に対処していくのだ。

適切な距離感があなたを守る

何を言っても無駄な人を変えることはできない。話が通じない人に話す努力をするのは時間の無駄である。

だから可能ならば、その人とは距離を置いてしまうのがよい。もしそれができないなら、「話せば分かる」という希望を完全に捨てることである。

「この人は分かり合えない・・・」という前提で、いちいち分かり合おうとする努力をしないことだ。

彼らは宇宙人である。話が通じないのだから仕方がない。存在を無視する必要はないが、割り切ってテキトーに距離を置くのが良い。

もちろん、分かり合える可能性はゼロではないかもしれない。あなたにマザーテレサのような包容力や人間力があるならば、「話せば分かる」ようになるかもしれない。

もしそうでないなら?

「世の中には話しても分かり合えない人がいる」という現実に立ち返り、現実主義で対処していこう。

世の中には、「話せば分かる素晴らしい人たち」だってたくさんいるのだから。

まとめ

世の中には誠意を尽くそうが何をしようが、「話しても分かり会えない人」がいる。

分かり会える努力をしたところで、何を言っても無駄に終わってしまう可能性が高く、人生の貴重な時間を浪費する。

だからこそ分かり会えない人とは分かり会えなくても構わない。必要な距離を取って、実害が及ぶのを防ぐのが最善の策である。

あなたはマザーテレサもないし、ガンジーでもないと思う。あなたはあなたで、自分の心の健康を最優先する権利を持つ。

「この人にはもう、何を言っても無駄かもしれない」と思ったら、素直に必要な距離を取るのが吉である。

あわせて読みたい

関わってはいけない人と関わらないという最高の勇気

人の悪口ばかり言う人と関わってはいけないただ1つの理由

「人は中身が大事だ」という言葉はあまりにも綺麗すぎる

怒っています
Follow Me