理不尽にあなたを批判する人の本当の気持ち

僕の人生はうまくいっています

人間関係においてとても実践的な話を聞いたので、ここの一つの情報としてシェアしたい。一体どんな話なのかというと、テーマは批判と嫉妬である。

すなわち、批判されている人は実は嫉妬されている人で批判される人は批判する人より上の立場にいる、という話である。

もしあなたが理不尽に周囲からディスられるようになったなら。なぜか頼んでもいないのに「お前はダメだぞ」とマウンティングしてくる人が現れだしたら。

その現象はあなたの人生がうまくいっている何よりの証拠かもしれない。

批判の本質は嫉妬である

世の中全ての現象から間違いない事実と断定できること。それは、有名になれば叩かれる、という事実である。

世の中、功成り名遂げた人で批判を受けない人はいない。つまり、どんな素晴らしい実績を持つ人でも、「あいつはダメだ」「詐欺師だ」など、第三者からの理不尽な批判を受けている。

例えば、優れた実績を持っている経営コンサルタントの話。

YouTubeで経営の考え方について述べられている動画があるが、そのコメントを見ると、実に興味深い現象を確認することができる。

動画のコメント欄を見てみると、「この人は詐欺師だ」「学歴がダメなので信用に値しない」など、感情的な批判コメントが書き込まれている。

それで、「一体どんな立場の人がこんな攻撃的なコメントを寄せているのか?」と興味深く思い、コメント投稿者のリンクをクリック。

すると、理不尽なディスりコメントを寄せている人は、なんとそのコンサルタントと同業者らしく、自らも経営について云々する動画を配信していた。

そして、その再生回数を確認するとなるほど。なぜこのような批判のコメントを書いているのか。納得できる事実を確認することができた。

本当の気持ちは「うらやましい」

人は、自分にとって本当にどうでもいい対象には、わざわざ人としての品位を下げて、他人をディスったりするような愚行を犯したりはしない。

逆に、自分と何らかの関係がある人で、「自分がしたい!」「欲しい!」と強い欲求を抱いていることを既に実現している対象に関しては、嫉妬の炎がメラメラと燃え出して、心穏やかでない状況が起こりだす。

例えば、あなたが心の奥底で素晴らしい恋人を手に入れたいと思っているのにそれができない状況で、あなたの親友が素晴らしい恋人と出会いゴールインすることになった話を聞いたとき。

あなたは邪心なく、親友の幸運を喜べるだろうか?

むしろ、この状況で嫉妬心が起こらないのは不自然である。だから、嫉妬の気持ちが湧いてくるのは当然のことで、それ自体は悪いことでも何でもない。

本当に問題なのは、嫉妬心によってダークサイドに引きずられ、人としてダメな行動をしてしまうことである。だから我々には、理性が与えられているのである。

嫉妬心を感じたとしても、あなたは親友の幸せを喜ぼうと努力することができるし、陰でグジグジ批判することもできる。そのチョイスは完全に、人間性の問題である。

有利なのは批判されている人

このことから、嫉妬や批判の対象になっている人というのは、恵まれている人。すなわち、批判する人よりも上の立場にいる人ということができる。

だから、世の中人生がうまくいっている人は例外なく、誰からから攻撃されることになる。

あなたが目立たない存在のうちは、誰かから攻撃されることはない。なぜならあなたがその人の脅威にはなっていないからである。

しかし、あなたの人生がうまくいきだし、何らかの形で周囲から頭一つ抜け出すと、必ずあなたの存在をディスり出す人物が登場する。

それはもはやお約束。批判されないためにどれだけ努力したとしても、絶対に避けられない運命である。

だからこそ大切なのは、なぜあなたが批判されるのか。その本質を理解することである。

すなわち、あなたが誰かからディスられ出したことを実感したら。それはすなわち、あなたの存在が、頭一つ抜け出したことを意味している。

ではそこからどうすればいいのか、答えはシンプルだ。その方向は正解だから、どんどん先へ進んでいくことである。

しかしここで弱気になってあなたが自分を萎縮させてしまったら。それはあなたを攻撃する人の思う壺。うまくいっていた人生を後退させてしまうだろう。

善行を積むつもりで批判は完全スルーで対応

出る杭は打たれる。しかし出過ぎた杭は打たれない。

だから叩かれだしたらますます前に出て自分がすべきことをやっていく。これが批判に対する正解である。

なぜあなたは自分が理不尽にディスられるのか、その理由に納得できないかもしれないが、それは嫉妬心という、もはやどうにも消すことができない人の業である。

あなたを批判する人はあなたがうらやましい。表面上の振る舞いはどうであれ、あなたのことを嫉妬して、暗い炎に心を焼かれている人たちである。

あなたは彼らより恵まれ、上の立場にいる。そう考えれば批判されるのは上にいるものの役割。善行を積むつもりで、おおらかに構えることが大切である。

なぜならあなたの人生がうまくいっているからこそ、理不尽に批判されるのである。あなたの人生がうまくいっていないなら、あなたを批判する人を引き寄せることなどない。

最後に

「自分を信じる」という言葉はありきたりかもしれないが、結局自分の人生をなんとかできるのは自分だけである。

だからこそディスられようが批判されようが。自分を信じて前へ進めばいい。あなたは誰に何と言われようが、最高の人生をつかむ権利がある。

だからこそ批判はマイナスではなくプラス。批判を追い風にしてもっと高く。もっと自由に世の中を飛べる力に変えていくことが大切だ。

Trust yourself. あなたの人生は、あなたのもの。誰かにとやかく言われる覚えは1ミリもないのである。

あわせて読みたい

他人をディスる1つのメリットと10のデメリット

人の顔を潰さない。むやみに誰かをディスらない。この2つさえ徹底していれば

友だちの足を引っ張る人はいない。つまり足を引っ張る人は友だちではない