人生が決定的にうまくいかない人の特徴

スポンサーリンク

遠くを見つめる男

世の中には、人生がうまくいっている人と、人生がうまくいっていない人がいる。

前者はケースバイケース、人それぞれいろんな理由によって人生がうまくいっている。

だから、「人生がうまくいくポイントはこれです」というアドバイスは、万人の役に立たない。

しかし、人生がうまくいっていない人には、ある重要な共通点がある。それが、「何でも人のせいにする」ということである。

スポンサーリンク

人生がうまくいく、それは

人生がどれだけうまくいくか。

それは、自分の人生で起こることすべてに対して、自分がどれくらい責任を持てるかによって決まる。

つまり、自分の人生で起こることは自分に必要なことであり自分自身に責任がある。

そのことを自覚している人は、起こった出来事から必要なことを学び、成長し、前へ進んでいくことができる。

だから不幸がその身に起こったとしても、ただ不平不満を言ってそこで終了することはない。

転んだらただでは起きない。マイナスをプラスに変えていく。この積み重ねが人生を成功へと導く。

「◯◯のせい」にしている限り

しかし、自分の人生で起こったことはすべて誰かのせい。

自分がツイてないのはあいつのせい。仕事がつまらないのは上司のせい。貧乏なのは国の政治が悪いせい。

こんなふうに、人生で起こること一つ一つを誰かのせいにしてみる。すると、自分は悪くないから問題ない。自分は全く変わる必要はないという思考に落ち着く。

ここが問題なのである。

誰かのせいにしていれば、自分で何かを反省する必要もないし、傷つくこともない。しかし、そこから何一つ、自分のためになることを学ぶことができない。

これは本当に、大きな損である。

仕方ないことは仕方ない。その上で

もちろん、人生がうまくいかないとき、自分以外の原因によって悪いことが引き寄せられてしまうことは実際にある。

なので、人生がうまくいかない=完全に個人の自己責任という考えは、極端であるのも否定はできない事実である。

しかし、かりにそうだとしても。

この理不尽な状況を防ぐために自分ができたことはなかったか。反省して自分に原因を求めることによって、結果的に大きな得をすることができる。

この意味で、起こったことを「自分のせい」と考えることは、自分のためになる得である。

一方で、起こったことを「誰かのせい」と考えることは、自分のためにならない損である。

だから人生がうまくいく!

人生がうまくいっていない人は、いつもその責任を自分ではなく、他の誰かに押し付ける。

だから、何度も人生で同じような問題がカタチを変えて繰り返し起こる。そしてそれは教えてくれる。「あなたは今、この問題に気づく必要があります」と。

その問題に気づいた人は、うまくいかない人生から卒業し、一歩一歩、うまくいく人生に変えていくことができる。

そしてもう2度と、人生で起こったことを誰かのせいにすることなく、自分の責任と考えて、そこから必要なことを学ぶことができる。

なぜならその問題から必要なことを学び、成長し、次のステップへ進んだから。

最後に

人のせいにするか自分のせいだと反省するか。

たったそれだけの違いだが、それがもたらす人生への結果は極めて劇的であり、致命的な差が広がっていく。

もしあなたが普段から、何かを誰かのせいにする傾向に気づいたら。一度でも構わない。

問題が起こったのは自分のせいではないかもしれない。それが起こらないようにするために、自分は何をすべきだったのか。

自分に責任があるとしたら、何を学ぶ必要があるのか。それを自分に問いかけてみることをおすすめしたい。

誰かのせいではなく、自分のせい。人生で起こることをそのように理解できれば、それはあなたが自分の人生を自分で生きているということ。

そんな人生がうまくいかないわけがない。

自分の人生のハンドルを自分が責任を持って握ることができたなら、うまくいくのが自然なのだ。