「意識が高い」とディスられたときに思い出したい話

意識が高い女性

世の中では最近、「意識が高い」という言葉が流行している。

これは良い意味で使われているわけではなく、この言葉が使われる裏には、「あいつ、何調子こいてるの?」「勘違いしすぎだよね」的な、ネガティブなニュアンスが込められている。

だから、「あなたは意識が高いですね」と言われたときは、ほぼ99%の確率でディスられていると考えていい。

とういうのは実際、世の中には悪い意味ででしゃばってしまい、周囲から反感を買ってしまう「意識が高い」人がいて、彼らによって着実に、迷惑を被っている人がいるからだ。

具体例を云々することはしないが、人に自分の考え方を押し付けること。実力が伴っていないのに大口だけは叩くこと。人の価値観を否定すること。

これらの「意識が高い」行為はやめた方が無難である。

スポンサーリンク

意識が高い=今よりもっと良くなりたい

ただし意識が高いということは、そもそも悪いことではない。

なぜなら、意識が高いということはすなわち「現状をより良くしたい」という向上心を持っていることだからである。

それは今よりももっとより良くなりたい。成長したい。そんなポジティブな気持ちの現れに他ならない。この意味において、意識が高いことは、別に悪いことではない。

意識が高い系の代表としては、自己啓発する人が分かりやすいと思うが、彼らは現状に不満を感じている。今、何かが満足できない。だからそれを変えていきたい。

自己啓発をする人は、そんな気持ちを持っている。

これはまさにもっとよく生きたいという意欲そのもの。向上心を持っているということだ。それ自体はとても素晴らしいことである。

だから、現状を持ち、今、何かを変えていきたい。そんな意識の高さはとても素晴らしいことである。人からディスられようが、そんなことはどうでもいい。

今から何かを変えていきたい。その気持ち自体こそが、まさによりよい人生を送るためのエネルギーとなるのだ。

実際問題、「意識がどうたら」と他人をディスる人を見てみるといい。自分は何かを変えようとせず、不平不満を口にするだけ。だから妬ましいのである。

意識が高くてディスられる人にならないために

とはいえ、問題なのは、

「私はこれだけ頑張っています。人は成長すべきなんです。だからあなたもこれから努力して変わるべきです!」

というように、他人の価値観、成長速度に不必要に干渉することである。

人は人、それぞれの人生で学ぶべきことがある。そして、それぞれのペースで生きている。そこに自分の価値観を持って、良い悪い、あれこれ口をはさむのは宜しくない。

人によっては変わるべきときにいたとしても、またある人にとっては、変わらないことこそが、実は意味があることだったりする。

だから、状況をもっと良くしたい。現状を変えていきたい。そう思ったとしても、誰かを変えようとしてはダメである。それは意識が高いのではなく、無神経なだけである。

人には人の課題がある。そして、それを解決するためのペースがある。それを「あぁだ」「こうだ」と口を出すのは無粋である。

「意識が低い」状態だったとしても、それはもしかしたら本当に「意識が低い」のかどうかは分からない。

つまり自分だけの了見で、物事の良し悪し、正しい間違っているを判断しないことである。

意識の高さは自分に向ける

結局のところ、どんなときもより良く変わるのは自分だけでいい。

そうすれば、わざわざ周囲を変えようとしなくても、自然と周囲が変わっていく。つまり、変わった自分に相応しい環境が自然に用意される。

つまるところ、自分は自分、人は人。

あなたから見て、周りに対して、「もっとこうした方がいいよ」「その考え方はおかしいよ」ということがあるかもしれない。

しかし、彼らがそう考えるには、彼らなりの必要性がある。

だから、人を変えようとしてはいけない。自分への意識は高くていい。より良く生きるために努力してもいい。

ただ一つ、それを人に押し付けないことだ。

そのさえ守ることができれば、いくら人から「意識が高い」とディスられようとも、何ら恥じることはない。

あなたはただ、あなたの道を行けばいい。あなたが成すべきことをすればいい。そう、人にあれこれ干渉するヒマなど、一秒もないのだから。

あわせて読みたい

今の自分よりもほんの少しでいい。「もっとマシな自分になりたい」という気持ちさえあれば

成功者は本を読む。読書にはこんな効果があるから

順境で努力して逆境で勉強する。これが人生の好循環を生み出すコツ