自分を傷つける恋愛 自分を幸せにする恋愛

過去の恋愛を振り返って

人は人によって傷つけられ、そして癒され、満たされる。

「誰を好きになるか」ということは、理性的にコントロールすることができない難しい問題だが、それでもやはり、「この恋愛はやめたほうがいい」という恋愛がある。

それがずばり、自分を傷つける恋愛だ。

好きなはずなのに幸せになれないのは

誰かを好きになる。好きになることは良いことばかりではないから、傷ついたり苦しんだりすることもある。

しかし、良い恋愛は最終的に自分を成長させ、幸せにさせる。仮に別れで終わったとしても、いつか、「あの恋をして良かった」という思い出になる。

ところが、悪い恋愛は、自分を成長させるどころか、自分をひたすら傷つけていく。一緒にても幸せになれない。どんどん自分が惨めになっていく。

それが自分を傷つける恋愛である。

好きだけど寂しい、苦しい、満たされない

例えば、ひたすら相手に尽くす恋愛。その人のことが好きで好きでたまらない。だから相手の一挙一動が気になって仕方がない。

連絡が来ないと不安になる。自分を殺して相手の言いなりになってしまう。そして相手の態度はますます増長して、最後の結末は悲劇である。

このような恋愛をすることで、自尊心を失い、人を愛することへの信頼が大きく傷つく。だから、恋愛中も決して安心感、幸せを感じることはできない。

常に寂しい。苦しい。満たされない。そんな感情に囚われてしまう。これが、自分を傷つける恋愛の特徴だ。

自分を傷つけるということ

恋愛は傷つき苦しみ、不安になり、だからこそ満たされ、安心し、幸せを感じることができる。

しかし、人を好きになっているはずなのに、なぜか安心できない。満たされない。寂しさや不安だけが募っていく。そんな恋愛は明らかに間違っている。

それは人を好きになるというよりは、自分を自分で傷つける自傷行為のようなものである。その先に安心感や幸せは見つからない。

だからもしあなたが、誰かに恋をし、それでいてなぜか不安ばかり感じるようなら、いつまでも経っても満たされない気持ちが解消できないのなら注意が必要だ。

あなたは恋愛で自分を傷つけているだけなのかもしれない。

人を好きになること

一人では寂しい。誰かと一緒に生きていきたい。誰かに側にいてほしい。それは自然な気持ちだ。だから人は人を求め、人に傷つき、人に癒され救われる。

しかし、誰かといることで、自分が傷つくばかりであるなら、それは絶対的に間違っている。傷つけられるのではなく、愛し愛され、互いの存在を満たし合いたい。

だからこそ、自分を傷つける恋愛をしていることことに気がついたら、今こそ決断をするときだ。

人生で本当に出会うべき人と出会うために。

あわせて読みたい

【恋愛する意味】誰かを好きになる本当の理由

なぜ恋愛は苦しいのか。恋愛は自分の思い通りにならないから

なぜ突然、恋人と都合が合わなくなるのか?

過去の恋愛を振り返って
Follow Me