不幸な友だちは不幸を連れてくる

仲良しこよし

不幸な人は不幸な人を友だちにしたいんだよ。

だから、そんな友だちが君の横に来たら君は、ゆっくりとその友だちを捨てなさい。

マジック・ジョンソン

世の中にはいろんな法則があるが、そのなかでも特に実用性が高い法則の一つが、「類は友を呼ぶ」という法則だ。

幸せな人の周りには幸せな人が。そして、不幸な人の周りには不幸な人が。人間として終わっている人たちの周りには人間として終わっている人が。

そう、周りの人々を見ればそこには必ず、「類は友を呼ぶの法則」が見出される。

これはある意味とても恐ろしい話だが、幸せな人生を送る上で、とても大切なことを教えてくれる。

つまり、自分の幸せを真剣に考えるなら一緒にいる人をしっかり選びましょう、という話だ。

例えば、今もしあなたが幸せになりたいなら、決して不幸を振りまく人を近寄らせてはいけない。

不幸な人は不幸を呼ぶ。それを実感したいなら、口開けば不平不満。誰かの誹謗中傷を繰り返す人たちの輪の中に入っていけばいい。

そうすれば、あなた自身即座に不幸になることができ、「類は友を呼ぶ」の法則が現実化するに気づくことができる。

逆に、人生が上手くいっている人たちの輪の中に入っていけば、あなたも自然とその影響を受け、人生が不思議と上手く回りだす。

この意味で、棲み分けはとても大切である。幸せに生きていきたいなら、隣人に注意しよう。

出典

『武田鉄矢今朝の三枚おろし』