種を蒔いておけば、人生はある時点から上手くいきだす

自然の中で

こういうことを書くのもあれだが、筆者は20代、何をしても失敗続きだった。

大学は人間関係が上手くいかなくてつまらなかったし、就職は失敗。彼女にもフラレてお金もなく、お先真っ暗で、「人生が詰んだ」と言ってもいいような状況だった。

10代の頃は、「人生がダメな人は頑張りがたりてないだけじゃないか」と傲慢な考え方を持っていたが、実際自分の人生ダメダメを経験して、なるほど、人生は頑張るだけではどうしようもないことを知った。

というのは、20代の自分は、頑張っていたし、だらけていたわけではなかったからだ。結局20代は頑張りに頑張って最善を尽くしたが、ほとんどその報いがなかったからだ。

ところが、30代になったとたん、何かが変わりだした。

20代の頃のように頑張っていない。しかし、やることが上手く行きだした。収入も増え、自由時間も増え、面倒な人間関係もなし。

結婚できていない以外は、ほぼ自分が希望する状態に近いライフスタイル(働き方、暮らし方など)を実現することができた。特に努力することもなしに、自然とそうなっていた。

スポンサーリンク

人生がある時点から上手くいきだすのは

これは一体どうしたことなのか?

それでちょっと考えてみたのだが、どうにも理由が分からないのだが、ただ一つ言えるのは、「20代の結果にならなかった努力だったにもそれなりに意味があった」ということだ。

今の仕事も、もともと20代の頃に知ったことだし、人生を変えることになった読書週間も20代の頃に身につけたし、人生観も20代の頃にした読書がベースになっている。

今の理想に近い暮らしも、20代のどん底の頃、目標、なりたい自分、希望する人生を紙に書いたときのものがベースになっている。

こうして考えると、もしかしたら、20代の頃に蒔いた種が、30代になって花咲いたと考えることもできる。

となると、人が人生を変えたいと願うときは、まず何らかの希望を持って、それを実現するために、ある程度の種をまく期間が必要なのかもしれない

必ずしも、原因=結果とはならないが

自己啓発の世界では、原因があって結果があるという。

確かに、ぐうたらな暮らしをしていればぐうたらな未来が待っている可能性は高いかもしれないし、お金を無駄遣いしていれば、将来貧乏になる可能性は高いかもしれない。

しかし現実問題、ぐうたらに暮らしても幸運に恵まれて人生イージーな人もいるし、生まれつきお金に恵まれて好き放題、苦労知らずで生きている人もいる。

わがままで好き放題している人が人生楽しんで、苦労に苦労を重ねている善人が苦しむ現実があるのが世の中だ。

ということで、必ずしも原因=結果というように、人生を短絡的に考えるのは難しいかもしれない。

とはいえ、ただ何もせず、幸運を期待しても、幸運がやってくる可能性が低いのも確かだと思う。

結局は、現状を変えていくために、今すぐできることを始めて、未来へ種を蒔いておく必要があるのではないか。

願望は時間差で実現する

「こんなふうに生きたい!」と人生に希望を持つこと、勉強を始めること、新しい何かを始めること。

種蒔をしておくことで、5年10年15年、時間差を経て、未来のどこかで人生で芽を出すのではないか

20代の仕事で悩んでいた頃、人間関係で悩まず自分のペースで自由にできる仕事がしたいと思った。

20代のお金がなかった頃、本を大人買いできるくらいお金の自由を持ちたいと思った。

20代の実家暮らしの頃、自然が豊かでかつそこそこ都会なところで暮らしたいと思った。

人生のある時点で希望を持っていたことが、30代になって実現した。自分で希望していたことが現実になった。

全ての願望は叶わないかもしれない。しかし、未来に希望、願望を持つことで、変わっていく何かはあるようだ。

そのことが分かったことは、とても大きかった。ということで、20代のどん底暮らしも、人生で意味があったように思う。

今の人生がどうであれ、未来の自分へ種を蒔く。なりたい自分、理想の人生。それを考えて、今始めることを始める。

今種を巻き始めることで、いつか人生が、目に見えて変わるものかもしれない。