結論から言うと人生は「大枠」で自分の思ったとおりになる話

人生の夜明け前

人生は最初から運命によって決まっているのか?それとも、自分の意思と努力によって理想の人生を「創り上げる」ことができるのか?

このテーマについて強い関心を持ち、人生で様々な知見を得た結果、ある一つの結論に到達した。

結論から言って、「人生は完全に自分の思い通りにはならないが、大枠では自分が考えた通りの人生を送ることができる」というのが現時点での結論である。

これから時代は大きく変わっていく。この記事を読んでいる方のなかには、今現在進行形で、今後の人生の見直しを迫られている方もいるだろう。この話はそんなあなたが知っておきたい話である。

すべてを実現することはできない

まずネガティブな情報を先に提示すると、あなたが理想の人生を思い描いたとしても、そのすべてを完全にあなたの思ったとおりに実現することはできない。

いくらあなたが「私は◯◯を手に入れたいです」「年収はこれくらいで、こんな素晴らしいパートナーと一緒に暮らしたいです」など、具体的な願望を持ったとしても。

叶うことがある一方で、いつまでも叶わないこともある。どうやら人生には「実現できること」「実現できないこと」が大枠で決められているようである。

その一つは人の縁

例えばあなたが素晴らしいパートナーと幸せな家庭を築きたいと思っているとする。そして、その「素晴らしいパートナー」がある特定の人物の場合。

あなたの希望が叶う可能性はあるかもしれないが、叶わない可能性も高い。なぜなら人生には必要があって縁ができる人と、必要がないから縁ができない人がいる。

すなわち、あなたが生きていく上でそれが必要ならその人と縁は生じる。しかしその必要がないなら。その人との縁は生じないのである。この点、人生には枠のようなものがある。

「特別な人」とはトントン拍子にご縁がつながる話

注意したいのはここ

とはいえここで注意を促したいのは、あなたが「素晴らしいパートナーと幸せな家庭を築きたい」と強く希望している場合、その願望そのものが叶わないと言っているのではない、ということである。

「あなたが希望する特定の人」とあなたが希望する関係を築くことは難しいかもしれない。しかしあなたが素晴らしいパートナーとの素晴らしい関係を希望すれば。

そのかわりとなる人。もっと言えばあなたにとって最善の人が用意される可能性は存分にあることだけは、ここでしっかり指摘しておきたい。

つまりその願望があり、あなたの人生おいてそれが本当に必要なことなら。あるとき、あなたの思わぬ形でそれは実現することだろう。

決めるべきは大枠の方向性

この傾向は仕事、ライフスタイル。様々な部分においても同じである。

あなたがある特定の仕事で「いくら稼ぎたい」とか「◯◯に住みたい」とか、具体的な希望を持ってもそれがそのとおりに叶わないかもしれない。

一方で大枠において。つまり方向性そのものについては「私はこう生きたいです」という願望が現実化していく。この意味で「人は自分が思ったとおりに生きる」という昔からの教えは真実であると実感している。

この意味で、あなたがこれからどんな仕事をして、どんな人達と関わり、どのような暮らしをしていくのか?自分の気持ちに正直になり、あなたの未来予想図を思い描くことは、とても大切なことである。

人生は「今すぐ」変わらない

実際のところ、あなたが今すぐ理想の人生を自由に思い描いたところであなたの人生が劇的に変わることはないだろう。

しかし10年20年。ロングスパンで見るならば。自分の理想の人生を真剣に思い描くことが人生においてどれほど大きな意味を持つか?それをあなた自身が実感できることは私の経験からも強くおすすめできる話である。

例えば、私が20代の文無しで人生絶望の日々を送っていた頃。

「人生は自分で創る。まずは自分が生きたいと思う人生を描きなさい。紙に書き出しなさい」という本に出会い、それを素直に実行した。

それから1年3年5年が経ったが人生は特に変わらなかった。むしろ、一度はさらなる底の底を味わったのが正直な事実である。

違いはあるときハッキリ分かる!

ところがそれから12年経った今。まさに私の人生は、その時の自分が描いた人生にほぼ近いものである。だからこそ驚愕せざるを得ない。そして認めざるを得ない。

「人生は長い目で見れば自分が考えた通りになっていく」という教えは真実であったということを。

働き方。ライフスタイル。生活環境。「~したい」と思っていたこと。それは紛れもなく、20代の文無しで真っ暗な状態の自分が書き出した通りことが、現実として実現されていたのだから。

それは時間をかけて徐々に「その人生へと導かれた」と言ってもいい話である。

理想の人生はそれを思い描いた瞬間に誕生する

だからこそ私は今あなたに「人生はネバーギブアップ。最高の人生を思い描けばそこへ向かうことができる」ということを伝えたいと思う。

そしてここで重要なのは、今のあなたの現状は未来に置いて一切関係がない、という事実である。

つまりあなたが今この現状どれだけ追い込まれていても。どれだけ希望がない日々を送っていても大丈夫。それらは未来について何の関係もない。

あなたが自分の理想の人生を思い描き、それを紙に書き出し、あなたがその理想をあなた自身で否定しない限り。理想が現実になる可能性は実際にあるのである。

実現にはベストタイミングがある

とはいえ、先に述べたように思い描いたことを全て完全に思った通り、人生で実現することは難しい、というのが私の結論である。

なぜなら、20代の文無しの暗黒時代を送っていた自分が希望したことのなかには、10年以上経っても実現していない特定の問題もいくつかあるからである。

実現にはベストタイミングがあるので、その時が来ていないだけの可能性もある。

具体的にそれを云々はしないが、そこから分かるのは、「人生は完全に自分の思い通りにはならないが、大枠の範囲では自分が考えた通りの人生を送ることができる」という結論である。

現実は現実として認知する

そしてもう一点、これはあくまで仮説なのだが、人生にはどうやら、多くの人の人生を変えてしまう大きなイベントが用意されているようである。2020年のウィルス騒動もその一つである。

あなたがいくら「引き寄せ」を信じ、ネガティブを排除しポジティブだけを見ようとしたところで、共通のイベントは必ず起こる。それによって人生の方向性が変わっていく、正確に言えば再検討する時期がやって来るのである。

今あなたがこれからの先のことを考えて不安で仕方ない場合、こう考えてみてはどうだろうか?「今改めて自分にとっての理想の生き方を考え直すときが来た」と。

人生のステージが変わるときに起こる「リセット現象」とは?

つまり人生はいつでも挽回できる!

繰り返すが、人生はどんな状況でもあなたにその気さえあれば、いくらでも挽回はできる。もちろん、特定の対象。特定の方法を決めてあなたの理想を実現することは難しいだろう。

なぜなら「人生は完全に自分の思い通りにはならないが、大枠の範囲で自分が考えた通りの人生を送ることができる」からである。

しかしあなたが自分の人生を信じ、理想の人生を思い描き、導きに従ってto doをこなし、状況に応じて柔軟に変化していくことができるなら。

そしてあなたが「自分の人生はなんとかなるんだ!」と信じるかぎり。あなたの未来は明るいとしか言いようがない。

逆にあなたが「もう自分の人生はこんなものだ」と決めてしまったら。未来はまさに「あなたが思ったとおり」になるだろう。

最後に

以上、長くなってしまったのでこの記事はここで終了する。

この話題についてはより詳しく突き詰める価値があるテーマだが、まずは取り急ぎあなたが気になっている未来のことに焦点を当てつつ「大丈夫ですよ」とお伝えしたいと思いこの記事を公開した。

今あなたが先が見えない状態になっているなら。それは「あなたはこれからどう生きたいのですか?」を考える機会と捉えてみてはいかがだろうか。

確かに一時的に厳しい時期を過ごすことになるかもしれないが、長い目で見れば大枠の部分で私たちは私たちが考えた暮らしを実現することができる。これからの未来、もっと素晴らしい暮らしを思い描こう。

参考になれば幸いである。

あわせて読みたい

願望実現に効果的?「目標や夢は紙に書くと実現する」を考察する

「欲しい」けど手に入らないものの正体

そっちへ進んではいけない?人生で間違った方向へ進んだときに現れるサインとは