男は女で人生が狂う。そして人生を台無しにする。

何かを見つめる美女

女に狂って人生を棒に振るのは、もてない男たちだ。

あるいは棒に振ったところで惜しくもない人生しか送っていない、しがない男たちだ。

鈴原未帆

女に夢中になり挙句には破滅する、世の中にはそんな「女で人生が狂う」男がいる。

正直、女の魅力というのは男にとって抗し難いものがある。だから女で人生が狂ってしまうのは理解できる。

おまけに、人生ではときどき、「魔性」の魅力を持った女と出会うものだ。

スポンサーリンク

こうして男の人生が狂う

強い引力があり、気がつけばずるずる引きこまれてしまう。そして何もかも吸い取られてしまう。気がつけば女に骨抜きにされてしまう。

それは破滅的かもしれないが、とても楽しい経験。だから人生一度くらいは、女で失敗してどん底を経験するのも一興かもしれない。

しかし、そんな経験は一度くらいで十分だろう。女を追いかけるのはいいが、歯止めがきく程度、ほどほどにしておくことだ。

しがない男にならないために

きれいな薔薇には棘がある。

女に夢中になりすぎると、いつかそれが人生で致命傷になるかもしれない。

そうなる前に、女よりも夢中になれる何かを見つけよう。仕事でも勉強でも何でもいい。

何かに夢中になっていれば、女で人生が狂うほど、引きこまれはしない。

だから繰り返しこのことは意識したい。

「女に夢中になるのはほどほどがいい。楽しむのはいいが、注意するべし」

出典

『モンスター』(幻冬舎、2012年)

あわせて読みたい

彼女が好きで好きで仕方ない。そんな熱愛真っ只中のときでさえ

結婚注意。甲斐性を求める女が結婚相手として危険な理由

男女が出会い、そして分かれる。その別れ際にこそ人間性が現れる