結婚注意?男性に「甲斐性」を求める女性の特徴と結婚後の傾向

俺の人生は終わった

甲斐性なんかを男に求める女性に限って、結婚してみるとたとえば「あたしが料理を作るのだから皿洗いはあなた」んじゃどというでしょう。あるいは「蒲団の出し入れは夫の仕事」なんていう。

甲斐性を求めるような女性は、まず亭主をたててくれるような妻ではないと知るべきです。本当にイイ女だったら甲斐性など求めないはずです。

遠藤周作(『考えすぎ人間へ』より)

「結婚するにはこの女性しかいない!」と覚悟を決めた男は結婚を決断する。

結婚前は「彼女だったらきっと良い嫁になってくれるに違いない。俺も彼女を幸せにする!」と決意。結婚生活がスタートするが、いざ実際に結婚してみると予想外の連続。

妻は毎日、「給料が安くて甲斐性がない」とか、「子育てを手伝ってくれない」とか、毎日文句を口にする。こうして夫は「帰宅拒否」の先輩方の仲間入りをする。

妻は本当に「豹変」したか?

「自分は仕事で朝から晩まで頑張っているのに、家に帰ればこれがダメあれがダメと不平不満ばかり言われる。家に帰っても落ち着けない」

幸せな結婚生活になるはずが、なぜこんなことになってしまったのか、その確固たる理由が分からず、密かに悩む男性は少なくない。

しかしよくよく考えてみると、妻が結婚後に「豹変」してしまう要素は最初から、たしかにあったのだ。

証拠は最初からそこにあった

たとえば結婚前のこんな言動。妻は専業主婦を希望していたか?あなたの年収や貯金額を気にする言動があったか?「男は稼いでなんぼ」的な価値観を持っていたか?

それらのことを振り返って、思い当たることがあったとしたら、妻の変貌はそうなるべくしてなっただけ。つまりそれは妻の価値観から想定できる当然の事態。驚く事情は見当たらないのである。

すなわち、結局、男にあれこれ求める女、特に甲斐性を求める女は、本質的に夫の人間性よりも、いかに自分が安心して暮らせるかどうかが全てなのである。

ようは考え方次第

結婚する男性に甲斐性を要求する女性について、話をこう考えれば分かりやすい。

基本は自分なのだから、夫に不満があれば、それを口にするのに何のためらいもない。共に何かを作り上げるというより、夫は自分のために動くべき存在である。

だから妻が「甲斐性がない」と不満をたれたり、何をしても不満だらけで「もっともっと」を要求してきても、何の不思議もない。そういう価値観を持っている人と結婚してしまった。ただそれだけのことである。

我慢できるくらいなら、それも人間性を磨くチャンスかもしれない。妻のために頑張れるだけ、頑張ってみてはどうだろう?

重要なのはあなたのタイプ

それはさておき、別に甲斐性を求める女性との結婚が必ずしも男性の運命にマイナスを与えるとは限らない。というのは妻に叱咤激励されることによって奮起し、社会的に成功する男も少なからずいるからである。

例えばあなたは、会社で上司から理不尽に罵倒されたとき、「見てろよ、このやろう!」と密かに奮起できるタイプだろうか?それとも、「また上司に怒られてしまった」とこっそり落ち込んでしまうタイプだろうか?

あなたが前者なら、甲斐性を求める女性は、あなたの行動力を後ろから高めてくれる女性となるかもしれない。もし後者なら?考えるまでもないだろう。

最後に

結婚前の女性の本性を見抜くのは、たしかに難し過ぎる課題であることをここでは否定しない。

一方で、その証拠となりうる微かなサインは、至るところで発見することができる。それらを手がかりとして、全体像を掴んでいく努力だけは、怠ってはいけないのである。

ということで最後、先祖代々伝わる結婚に関する教えを引用しこの話を終える。あなたに幸運あれ。

「結婚する前は両目を開けて、結婚したら片目をつぶって相手を見ろ」

あわせて読みたい

今の彼女と結婚していいのか?問題はこの覚悟があるかどうか

男は本来寂しい生き物。結婚しても独身でも、孤独で寂しいのは皆同じ

結婚相手にふさわしい人を見極める最重要ポイント