「この人はムリ!」そう感じたら自分の素直な心に従うが吉

ドヤ顔の白人とお供の女性

価値観の違う人とは、辛いと思ううちに離れといたほうがええねん。

ムリに合わせて一緒におったら、そっち側の価値観に慣れてしまうから。まぁ、自分で決めることやけどね。

森岡ミサ

世の中にはどうしても合わない人がいる。もっと正確に言えば、合わせてはいけない人がいる。

なぜなら「類は友を呼ぶ」の法則通り、合わせてはいけない人に合わせていれば、やがては自分も、同じ穴のムジナになってしまうからである。

この意味で、この人とは合わないし、付き合いたくない。どう考えても同じ価値観を共有できない。

そういう人とはサッと離れていくのが、自分にとって一番安全であり正しい選択である。

スポンサーリンク

安全人物と危険人物を区別する

世の中にいろんな価値観はあっていい。いろんな人がいてもいい。

しかし、どう考えてもそれはおかしい。この人の考え方は間違っている。この人はムリ。そんな人達とうまくやっていくことは実質不可能である。

受け入れられないことは受け入れられない。綺麗事抜きに、それが人として自然である。

自分にウソをついてムリに合わせることはできる。そうなれば、自分の大切な何かを失い、かつて自分が嫌い、そして軽蔑した人と同じ存在に成り果てる。

それはまさに悲劇である。それだけは人生、強く避けたいことの1つである。

逃げられるうちに逃げる

人生で本当に付き合っていくことができる人であれば、どれだけ価値観に違いがあったとしても、お互いが歩みより、その違いを埋め合わせていくことができる。

だから付き合う上で、関わる上で、価値観の違い。考え方の違いは、実は大した問題にはならない。

しかし、ムリな人はどう頑張ってもムリ。離れることがベストアンサーなケースがある。

「嫌だな」と感じているうちはまだ大丈夫。安全圏に移動することができる。自分の感覚が正常に働いているうちに、さっさと逃げ出すことである。

嫌なことを嫌と感じなくなる前に。

出典

映画『阪急電車』(2014年)