30代~は要注意!「人は見た目で判断できる」真実

リラックスする美女

外見の乱れは遺伝子の乱れ

遺伝子の乱れは性格の乱れ

性格の乱れは人生の乱れや

ID:fob

人は見た目が9割。

その人が関わって良い安全な人物なのか。それとも関わってはいけない危険人物なのか。

見た目という情報は、世の中様々な人と関わっていく上で、非常に参考になる情報源である。

もちろん「私は見た目で関わる人を選んでいます」ということは誰かを不快にさせるNGな発言なので、それを公言する必要はない。

誰にも言わずこっそりと活用すればいい。それだけの話である。

スポンサーリンク

生まれつきの造形は関係ない!

基本的に、人の見た目と性格。安全性や危険度は着実に関係がある。ただそれは、造形がキレイだとか、そういう話ではない。

生まれつきの顔の造形の美醜より重要なのは人相である。

「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」という有名な言葉があるが、これは男性女性関係ない。

ある年齢に達すれば人は誰でも。その思考。その価値観。その行動。そしてその生き様。すべてが顔に現れるのである。

だから、意地悪な人は意地悪な顔になるし、優しい人は優しい顔になっていく。

この意味で「表情が真実を物語る」という話にウソはない。それはリアルに役立つ人物判定法である。

ごまかせないのは30代以降

生まれつき美しい容姿を与えられた人でも。その内面と生き様が醜ければ、人生のある段階で、その醜さを隠しきれなくなってくる。

10代20代、生まれつき与えられた容姿によってちやほやされてきた人が、30代40代になったとたん、とんでもなく「変貌」を遂げてしまう。

それはこう考えれば説明がつく。

すなわち人が醜くなるのは老化だけが原因ではない。その内面。そしてその生き様が露出した結果に過ぎない。すべてはなるようになっただけである、と。

逆に、容姿が恵まれない人でも、その人間性が素晴らしければ将来的には必ず福相になり、美醜などものともしない、魅力的な顔になっていく。

実際、10代20代の頃容姿をバカにされていた人が30代40代。驚くほど魅力的な顔になることは少ないない。

つまり生まれつきの容姿が恵まれなかった人でも、人間性を磨くことでそれが外面に露出。素晴らしい表情で人を惹きつけることができる。

それはもっぱらその人の内面と生き様の結果。まさに、人間力の賜物である。

だから人は見た目で判断できる

最終的に大切なのは、生まれつきの顔の造形ではなく、性格などの内面である。

内面が醜く生き方が歪んでいる人は、自然にそれが表情ににじみ出る。この意味で人は見た目が9割。それは決して絵空事のインチキな話ではない。

内面が美しい人は、必ず容姿にその美しさが現れる。内面が醜い人は、内面の醜さが容姿に現れる。

人相が良い人にはそれなりの理由がある。人相が悪い人にもそれ相応の理由がある。

つまり顔を見て「この人はヤバイ」と感じたとき。それにはそれなりの理由がある。その直感を無視しない方が安全である。

やっぱり見た目が安全な人は安全な人である可能性が高い。そして、見た目危険人物な人はやはり、危険人物である可能性が高い。

この意味で人は見た目が9割。9割どころか10割と言う人もいるが、いずれにせよ人を外見で判断することは、決して間違ったことではないのである。

出典

2chスレより

あわせて読みたい

人は見た目が9割。生き様が見た目に現れるから

見た目がいい人は得をする。この意味で「見た目」を良くするためのお金は浪費ではない

人の悪口ばかり言う人と関わってはいけないただ1つの理由