お金が人の縁をつなぎ、人の縁を切る。

金食い虫の女

カネの切れ目が縁の切れ目。

ことわざ

この世では、「世の中お金じゃない!」という考え方と、「何言ってるんだ、お金がないと何もできないじゃないか!」という、2つの考え方がある。

前者の考え方は耳障りがいいし、実際、世の中お金が全てではないのも正しいと思う。ただそれでも、お金がないと何もできないという現実もまた、たしかにある。

そのことを特に実感するのは人間関係においてだ。

「カネの切れ目が縁の切れ目」ということわざがあるように、お金によって途切れてしまう縁はゴマンとある。

お金は人をつなぎ、そして人を切る。

お金がなければ誰かとゆっくり時間を過ごすことができないし、どこかへ行って楽しむこともできない。いちゃいちゃ愛を紡ぐこともできない。

もちろん、お金を極力節約することで関係はつなぐことはできる。しかしお金の力を信じている人にはそれは通じない。

親でも兄弟でも、恋人や夫婦、友人でも、お金が切れてしまえば、すっぱり切れてしまう人間関係があるのだ。

お金が貧しくなって、それから周りから人々が離れてしまう。

そんなときは文字通り、カネの切れ目が縁の切れ目、そのことを強く実感することだろう。

しかしそれでも、お金が切れても残った縁というのは、大切で価値がある縁だと思う。