お金は「いくら」稼ぐかだけでなく、「どのように」稼ぐかが重要

稼ぐ

お金を稼ぐこと。

楽しく稼ぐか、我慢して稼ぐか。

金額も大切、だけど稼ぎ方はもっと大切。

スポンサーリンク

お金を稼ぐということ

お金は、生きていく上で必要なもの。お金を軽視すれば、理想を語ることができたとしても、現実の生活は惨めなものになってしまう。

しかし、たくさんのお金を稼ぐ人が幸せに生きられるかというと、これまた複雑で、お金持ち=幸せというように、お金をたくさん稼ぐことが幸せとイコールでつながるとは限らない

汚い方法、人を犠牲にしてお金を稼ぐ人は、それなりの代償を払うことになり、むしろお金がない人よりも不幸かもしれない。

好きなことをしてお金を稼ぐ人は、大金持ちにはなれないかもしれないが、毎日が楽しく、お金を稼ぐのも使うのも、楽しいものかもしれない。

イヤなことを我慢して、歯を食いしばってお金を稼ぐ人は、お金を使う楽しさを味わえず、憂さ晴らしに不要な出費をしてしまうかもしれない。

お金を稼いでも不幸になる理由

お金を稼ぐことはとても尊く、価値のあることだと思う。ただ、お金を稼ぐ上で大切なのは、稼いだ金額だけでなく、「どうやってお金を稼いだか」ということだ。

人を食い物に、「お客のクビをつらせて一人前」と言われるような仕事で大金を稼いでも、まともな感性がある人間なら、稼いだお金に罪悪感を感じることだろう。

愛を条件に人を支配し、貢がせて手に入れたお金も、自分のチカラで手に入れたお金ではないので、常に心の奥に、劣等感を抱えることになる。

そのように稼いだ100万円のお金より、汗水たらして正当に稼いだ20万円のお金の方が、幸せなお金になるかもしれない。

自分を殺し、人から罵倒され、精神を病む寸前で稼いだお金は、苦痛の我慢料として、幸せよりも苦しさを感じさせるお金になることだろう

苦しみや劣等感が付随するお金で生きていくことはできるかもしれないが、幸せや充足感を感じて、人生を生きていくことはできないかもしれない。

感じられるのは、「世の中は弱肉強食である」という闘争感情や不毛、満たされない苦しさ。それは豊かさとはほど遠いものだ。

結果だけでなく過程も意識する

お金を稼いでも、苦しく、不幸な気持ちにならないためにはどうすればいいか。

そこで大切になのは、お金を稼ぐなら、金額を重視するだけでなく、お金を稼ぐ過程を大切にすることだ。

仕事でお金を稼ぐにも、良い気分で働ける仕事、充足感を感じて働ける仕事を選ぶこと。すると、楽しく働き、お金を稼ぐことができる。

安定性だけを選び、強い我慢を強いられる仕事でお金を稼ぐ場合、収入は安定するかもしれないが、ストレスや病気によって、お金から得られる満足感は、薄くなってしまうかもしれない。

たくさんのお金を稼げるものの、人から恨みを買うお金の稼ぎ方は、お金持ちになれるかもしれないが、人として、想像もできない苦しみを味わう羽目になるかもしれない。

いずれにせよ、大切なのは、お金を稼いで、よりよく、より充実して人生を生きることだ。お金はそのために必要なもの。お金が幸せにつながる稼ぎ方をしたいものだ。