こんな人からはガン逃げ!お金目当ての人を見抜くたった一つの原則

お金目当ての悪い女

金の切れ目が縁の切れ目。

まともな人間関係を維持するためには、最低限のお金が必要だ。この意味で、お金は絶対に大切である。

しかし世の中には、お金にしか興味を示さない人もいる。いわゆるお金目当てと呼ばれる人種がそれだ。

お金目当ての人種は男女問わず存在するが、こと人間関係においては、特に恋愛関係においてお金目当ての人間に引っかかると致命的なダメージを食らう。

男にとってはたかり屋の女や色恋営業をかけてくる夜の女。女にとってはヒモや結婚詐欺師。

彼らは「私はあなたが好き」というフリをして、こっそりお金を吸い取ってくる。お金目当ての人種は誠実で純粋な人にとって、とても厄介な存在である。

お金目当ての人種は極力距離を起き、同じ空間を共有しないようにするのが安心だ。彼らとはまとな人間的付き合いができない。

彼らの現実は金の切れ目が縁の切れ目。

お金目当ての人種は、奪うものを奪ったら、秒速であなたの元から姿を消すだろう。だから最初から関わらないのが一番である。

スポンサーリンク

原則はこの一つ

ではどうやってお金目当ての人種を見分けることができるのか?

その原則は一つだけだ。それはすなわち、大してお金を使わなくても関係が続くかどうか、ということだ。

例えば、信頼できる恋人や、本当に親しい友人のことを想像してみれば分かりやすい。

愛し合っているカップルは、互いに何かを要求し過ぎることはない。最初は男が多少お金を払うが、次第にお金の使い方も、付き合うのに最低限必要なお金に収束していく。

深い関係がある友人は、相手が年収いくらだろうが、貯金がいくらだろうが関係ない。気にもしない。

このように、お金があってもなくても関係が続く。これこそが真に信頼できる人間関係だ。

逆に言えば、お金を使わないと関係が続かない相手はあまり信用ならない。

相手がこちらにお金を使わせようとしてきたり、こちらの収入、貯金を気にするような発言があれば、まずお金目当てと疑った方が安心だ。

そして、会うたびに何かプレゼントを要求される。おごりを要求される。当然のようにこちらがお金を使うことを要求される相手は、ほぼ黒である。

早い話、相手が自分のお金を使おうとせず、やたらとこちらに負担を強いるだけの場合は、見切りをつけた方がいいかもしれない。

お金と時間、大切な資産を食い荒らされて、最後には何も残らなくなるだろう。

最後に

大切な人には余計な負担をかけたくない!

それがまともな人の心理である。

こちらの負担も関係なく、やたら要求してくる人、お金を使うことを求めてくる人が気になるのは、あなたという人間ではなく、あなたが持っているお金である。

もちろん、人間関係を維持するためにお金は必要だ。全くお金を使わず人間関係を維持しようとするのはただの守銭奴である。

しかし、世の中にはお金目当ての人間がいる。いかに自分のお金を使わず、相手にお金を使わせるか。そんな人種が存在するのも確かなのだ。

そんな人種を人生のパートナーに選んでしまったらそれは悲劇である。奪われるだけ奪われて、最後には全てを失う。あなたには何も残らないだろう。

ということで、お金目当ての人間はよくよく用心した方がいい。

お金目当てかそうでないか、それは結局、お金を使わなくても関係を維持できるかどうか、その一点で明白になる。

本当に大切な関係ならお金を媒介にしなくても、自然と関係が続く。でも会うたびにお金がかかるような関係なら?

最善の選択できるよう、検討を祈る!