なぜ恋愛は苦しいのか。恋愛は自分の思い通りにならないから

悲しげな女性

人生満足度は基本的に、自分の努力量に比例する。

人生で頑張れば頑張るほど、長い目で見れば、「努力は結果を裏切らない」人生を送ることができる。

この意味で、自分が生きるに値する人生を送るためには、自分が努力さえすればいい。

ところが、である。

こと恋愛においては、話は全く別である。

それについては、今までの人生のなかで、強く誰かを想いつつ、しかしその恋が決して実ることはなかった。

そんな経験をしたことがあるあなたなら、納得できる話だと思う。

スポンサーリンク

はじめに

極論を言えば、恋愛に努力論はムダである。

ある日突然出会い、恋に落ちた。その人とどうしても付き合いたい。自分のことを愛してほしい。

そう願い、容姿を磨いたり、振り向いてもらうための様々な努力をする。

しかし、そんな努力をしようがしまいが、うまくいく恋は何もかもタイミングがあってうまくいく一方で、うまくいかない恋は何をしてもダメである。

相手には既に恋人がいた。そもそも遺伝子的に全く惹かれるタイプではなかった。そんな、もろもろの理由によって、努力はすべて意味を成さない。

だから、恋愛で努力することはムダな努力と言ってもいい。

つまり努力をしてもしなくても、縁がある人は縁がある人。縁がない人は縁がない人。長い目で見れば、結末に大きな違いはない。

関連記事:なぜ結婚は「ご縁」なのか?

「思い通りにならない」という大前提

もちろん、努力をすることによって、奇跡が起こる可能性が生まれる可能性はあるかもしれない。

しかし結局恋とは人の縁。ご縁がなければどうにもならない。

正確に言うと、出会った時点で何らかの縁があった、と考えることもできるが、それは出会うけれど一緒になれない縁だった。

片思いで終わる恋。好きなのに短期でフラレてしまうような恋というのは、往々にしてそのようなケースが多い。

だからもし恋愛で傷つかず、出会うべき誰かと素敵な恋をしたいと思うなら。自分ができるただ一つである。

その恋を自分の努力で思い通りになんとかしようとしないこと。無理な恋は早めにあきらめること。

この2つである。

誰かに恋したときに自分ができるただ1つのこと

私達は、誰かを好きになることができる。そして、恋い焦がれることができる。

しかし、私達はその相手を、自分の思い通りにすることはできない。その人が自分を好きにさせる努力はできる。

それでもなお、その人の気持ちを、自分の思い通りに変えさせることはできない。私達ができることは、自分の気持ちを誠実に伝えることだけである。

それで縁がある人であれば、必要な期間。必要な経験を共有することができる。

しかし、もし縁がない人であれば、いくら想う気持ちが強くても。決して結ばれることはないだろう。

だから恋愛で本当に誰かを好きになったとき。恋愛は楽しいだけのものでなく、苦しいものにもなりえるのだ。

関連記事:苦しいほど誰かを好きになることは、真剣に生きている証拠にほかならない

最後に

相手は自分の思い通りにならない。

そのことをわきまえておけば、なぜあの人が自分を振り向いてくれないのか。想いの強さに温度差が生じてしまうのか。

恋愛の苦味も、多少は和らぐことだろう。

とはいえ、もし今あなたが思い通りにならない恋愛に心を痛め、切なく辛い時間を過ごしているならば。

あなたができることは何なのか。そして、あなたができないことは何なのか。そのことを今一度、考えてみることをおすすめしたい。

その上で、あなたができることを、精一杯すればいい。そうすれば結果がどうであれ、将来的には後悔しない。

なぜならあなたはあなたの人生で、必要な誰かと出会い、そして縁がある人とは、最後の最後でうまくいくのだから。