最高の未来を創り出す4つのステップと注意点

未来を想像する女性

前回の記事ではあなたに、人生は「大枠」の部分で自分が考えた形になっていくことをお伝えした。

そこでこちらの記事では情報を更に深堀りし、具体的にどのような形で人生が時間をかけて変わっていくのか?そのための行動に関するヒントをお伝えする。

それは1+1=2になるような明瞭な形ではないかもしれない。しかしこの情報を頭に入れておくことによって、今後あなたの目の前に起こっている未来への変革の兆候に気づけるようになるだろう。

未来を創る4つのステップ

あなたが今人生の転機を迎えており、これから先の未来について満足できる現実を創り上げたいなら。いくつかステップを踏むことによって、その未来へとあなたは近づいていくことができる。

そのステップがこちらである。

1・必要なことを紙に書き出す

2・新しい未来を実現するために今起こっているシンクロニシティに気づく

3・行動を起こす

4・うまくいかなかったことをやめてうまくいったことを追いかけていく

以下、詳しく説明する。

はじめに

あなたが現状の人生について不満や不安を抱えており、「自分の人生はこれではいけない」と考えている場合。

そこであなたに必要なのは「自分の人生はこんなものである」とあきらめるのではなく「自分は本当にどんな人生を生きたいのか?どんな自分になりたいのか?」を真剣に考えることである。

単刀直入に言って、人生はなんとかなる。あなたが自分を見捨てない限り、あなたが想像もできなかった素晴らしい未来を実現できる可能性はつねに残されている。

あなたが自分を見捨てずに、今後その未来へ向かっていくあなたが必要なものを学び、身につけ行動を起こし前進を継続していくならば。最終的にその「大枠の未来」は実現するだろう。

必要なことを紙に書き出す

ではどうすればその未来を創り出すことができるのか?その第一歩が紙に書き出すことである。

私があなたにまずおすすめしたいのは、あなたがずっと使いたいペンを一本手に入れて、肌身離さず持ち歩いても平気なノートを用意する。その上で、次のことを徹底的に書き出す。

1・今までの人生歩み。あなたの自分史。現時点のあなたの状況(仕事・暮らし・人間関係など)。

2・それまでの人生であなたが不満に感じたこと。無念に思ったこと。

3・あなたが思う自分という人間について。

以上のことを書き出し、あなたが思っているあなたという人間像を明確化する。それが終わったら次は、

・今の人生で嫌なこと、これからの人生でもう続けないと思うこと(仕事やライフスタイル、人間関係、日常の不満や嫌いだと思うこと全てを書く)

・自分が思う自分の嫌なところ、変えたいと思うこと

を書き出す。それは正直に書いていい。ただし目的はあなたとあなたの人生を非難することではない。これはあなたの人生を覆っているネガティブなものを明確化する重要なプロセスである。

それを明らかにすることによってあなたは知る。「本当はどうしたいのか?どうなりたいのか?」という重要な答えを。

以上のことを紙に書き出したら、次に仕上げである。あなたがこれから望むことを自由に書き出すのである。

・あなたの理想の人生を書く。仕事、ライフスタイル、日々の過ごし方、人間関係、したいことなど、「人生がこうなったら最高だ」ということを自由に書く。

・「私はこんな自分になりたい」という自分像を明確化する。それを書くためのヒントは、この作業の前に行った「自分が思う自分の嫌なところ、変えたいと思うこと」をひっくり返せばいい。そこに答えがある。

・あなたがこれからしたいことを書く。

この作業で大切なのは、あなた自身が勝手に制限をかけないことである。思ったことはとりあえず書いておけばいい。そして「どうしたら実現できるか?」など考える必要もない。

大切なのはまず紙に書き出すことである。それも、パソコンで文字を打つのではなく、ペンと紙のノートに書き出すことを強くおすすめしたい。

なおこの作業は定期的に行うことによってより効果を増すだろう。人生の節々で、「自分は人生で何を望んでいるのか?」を確認し、方向性を間違えないためである。

新しい未来を実現するために今起こっているシンクロニシティに気づく

これはとても重要な話なのだが、あなたが紙に必要なことを書き出した後。あなたが紙に書き出した未来を実現するための具体的なヒントが、あなたの周辺で起こり始める。それをシンクロニシティと言う。

かんたんに言うとあなたが「こうしたい!」をするための道筋が、あなたの日常生活でそれとなく提示されるのである。

起こっているシンクロニシティに気づき、それを追いかけていくことによって、あなたは自然に、あなた自身が考えた未来へと自分を「誘導」していくことができる。

つまり、あなたは日々提示されるシンクロニシティを追いかけていくことによって「気づいたとき」あなたが紙に書いた大枠の未来が実現しているのである。

行動を起こす

シンクロニシティの起こり方は人それぞれなので「絶対にこれである!」と書くことはできないのだが、次のようなことが起こったらそれは素直に実行することをおすすめしたい。

なぜなら、いくらあなたが紙に必要なことを書き出し、シンクロニシティが起こり始めたところで。あなた自身がシンクロニシティをキャッチし行動を起こさない限りは、あなたの人生が変わることはないからである。

では具体的にどのようなものがシンクロニシティとして提示されるのか?いくつか例を紹介したい。

・ふと頭によぎるアイディア

・何度も繰り返し目につく言葉

・偶然起こった出来事

シンクロニシティについて明瞭に説明するのは難しいのだが、一つ言えるのは、それは直感のようなものである。

例えば、あなたが今ネットサーフィンをしているとき、ふと「◯◯について調べよう」と突然思いつくことがある。もしくはなぜか「本屋へ行こう」と思いつく。

このような「なんとなく思いついたこと」がそのシンクロニシティで、あなたがそれを行動に移すことによって、あなたが紙に書き出した目的を実現するためのヒントが見つかる。

特に、あなたが日々生活をしていて、なんとなく気になること。何度も目に飛び込んでくることについては、それは「あなたにとって」重要なヒントである可能性が高い。

「気のせい」にせず、それが自分にとってどんな意味があるのか?紙に書き残し、考えてみることをおすすめしたい。

うまくいかなかったことをやめてうまくいったことを追いかけていく

あなたがシンクロニシティにしたがって行動を起こしていくと、「これは違うのでは?」と「これが自分にとって意味があることなのかもしれない」いうことが分かってくる。

そこで必要なのが軌道修正である。

あなたにとって本当に必要なこと。必要だと思っていたけど、実はそれほど必要ではなかったこと。それがだんだんと感覚的に分かってくる。そして、シンクロニシティにしたがって行動してもうまくいかないことが出てくる。

ここで大切なのは検証である。それを本当にしたいことなのか?それとも実は大したことではないのか?再度紙に書き出す作業をすることによって、本当に望むこととそうでないことを選別する作業を行う。

こうしてあなたが理想の人生を実現する「精度」が高まっていく。

好転反応を認識する

ちなみに私の経験上、一つ重要な体験をお伝えすると、以上のプロセスを経て、これからの人生をよりよいものにしようとするその過程で。あなたの人生が一時的に悪くなる可能性があることをお伝えしたい。

かんたんに言うと、人生は一度良くなる前に悪くなる(ように思える)のである。

これはいわゆる「好転反応」というもので、それまでの人生で身につけた不要なものを捨てるプロセスを経て、人生に新しいものを取り入れるための空間を用意する過程だと個人的には考えている。

なので、あなたが上記のプロセスを実行し変革を始めたその後。一見不運なように思える出来事が起こることを予め知っておくことはとても大切である。

なぜならそれを知らないと、せっかく「良くなるために起こっている」ことなのに、「これは間違いである!」と勘違いしてしまう可能性があるからである。

私自身、20代の文無しの先が見えない暗黒時代、上記のプロセスを経て自分の未来を自分で誘導した。その過程で「底の底」を味わう経験をした。それは3ヶ月間ほどの短い期間であったがそこがまさに人生上昇の転換点であった。

だから私はあなたに強くこう伝えたい。「良くなる前に悪くなる。しかしそれは人生が好転する予兆である」と。

すべては実現しない

それと繰り返しになるが、あなたが最高の人生を思い描いたところで、そのすべてが叶うことはないだろう。願いのなかにはいつまで経っても叶わないこと。上手くいかないことも出てくるだろう。

ただし、大枠の部分では紙に書き出した理想の未来は実現できる、というのが私が学んだ経験である。その点、人生で本当に必要なものは叶い、必要がないものは叶わない、と考えるのが自然だと感じている。

あなたは希望の人生を紙に書き出す。その過程でうまくいくこと。そしてうまくいかないことが出てくるだろう。それを頼りに、あなたの心からの本心に耳をすますことが大切である。

最終的にそれこそが、あなたの人生における「正解」になるのだから。

最後に

以上、長くなってしまったので本記事はここで終了する。

ここでは、前回を更に掘り下げ、具体的にどのような過程で理想の人生を実現していくのか?その行動となるプロセスを極力分かりやすい形でお伝えした。

あなたが少し情報を調べれば、本記事で紹介している「理想の人生を紙に書くこと」や「シンクロニシティ」について、それが願望実現の普遍的なノウハウであることが分かるだろう。

そのため本記事では私自身の経験を交え、それらのノウハウを具体的にどうやってあなたの人生において実践していくか?分かりやすさを重視して記事にしている。

知識は行動に移されてこと意味を成す。

あなたが本気でこれから可能な限り最高の人生を実現したいと思うなら。まずペンとノートを用意。ぜひ、本記事で紹介したステップを参考に、その第一歩を踏み出してみて欲しい。

変化はすぐには起こらないだろう。そして、「あなたが望んだこと全て」が実現することはないだろう。

しかし、あなたの日常で今まで起こらなかった何かが起こり出すことは確かである。それは告げている。「あなたが実現しうる新たな人生がそこにある」という可能性の存在を。

追記

あなたが「紙に書く」というワークに興味を持ち、今ここから最高の人生を実現するための第一歩を踏み出したい場合。この有料記事が参考になるだろう。

私自身の詳細な経験と、目標や願望を紙に書き出す方法と注意点を説明した上で、今すぐ書き出したいワークをご紹介している。

ノートとペンを用意し、「実際にやってみる」ことで、あなたは「未来を創る」という言葉の意味を、文字通り体感することができるだろう。

超解説!「紙に書けば実現する」法則で最高の人生を創る方法