未来が見えない恋愛はさっさと諦めたほうがいい。それができないと「情」に縛られ未来が曇る

熱愛カップル

好きな人ができた。

そんなとき、恋愛の世界は比較的シンプルに白黒がハッキリすることもあるが、なかにはなかなか答えが出ず、長い間苦しい思いをするハメになる恋愛もある。

例えば片思いや、好きな気持ちがあるけれど、どうしても一緒になれない事情がある相手との恋愛がそれだ。

だから通常、「この人は脈がない」「一緒になれない」「一緒になれても自分が望む未来はない」と直感した段階で、その関係はスパッと切ってしまうのが一番だ。

というのは、それができないと、望む未来が得られぬまま、ただズルズルズルズルと、苦しい思いをするハメになるからだ。

だから恋愛で最も大切なのは引き際なのだが、それは言うは易く行うは難し。恋愛は感情が絡むため、それがとても難しい。

筆者も恥ずかしながら、人生で一度、引き際を誤り泥沼に落ちる恋愛をした。この記事では、その体験をあなたにお伝えしたい。

自戒のため、そしてかつての筆者と同じように、引くに引けない恋愛にハマってしまい泥沼で苦しい思いをしている方に、何らかの気づきとなれば幸いだ。

スポンサーリンク

出会いは「意外」なときに突然やって来る

筆者が30代前半の男盛りを迎えたときのこと。

大雪が降ったある冬の日、一人の女性と知り合った。

当時筆者は恋愛など全く考えておらず、自由気ままな一人暮らしを満喫していた。当然、結婚なんて考えてもいなかった。

ところが、その女性と出会ったとき、まるで雷が落ちたように、強烈に恋をしてしまった。

気がつけば中学生のときのように、なぜか常にその女性のことを考えている。食べるものも口に入らない。そんな状態になってしまった。

そして人生で初めて、「結婚」という言葉が頭によぎった。

もともと筆者は大学時代に付き合っていた女性にフラレてからというもの、そこから悪運続きで就職も失敗。人生のどん底を味わい、20代は恋愛どころではなかった。

そして30代になってから人生が上向き始め、ようやく自分の人生に確固たる自信を持てるようになった。

ちょうどそんな時期であったので、単純に自分一人の暮らしを楽しんでいた。その暮らしに満足していた。

なのでその女性との出会いはまさに青天の霹靂。自分があんなにも燃え上がるほど恋をしてしまうとは、全くの想定外であった。

その女性と出会って以来、筆者は完全に骨抜きにされてしまった。

そこで女性に会うためだけに、わざわざ飛行機に乗って(彼女はとある地方で暮らしていた)、毎月女性に会いに行った。

好きだけど一緒になれない理由

日が経つにつれ、ますます筆者は彼女に夢中になっていくのだが、どうしても、男としての勇気ある決断を下すことができなかった。

なぜなら、筆者にとって彼女が抱えるリアリティが「重すぎた」からである。

彼女はいわゆる未婚のシングルマザーであり、小学生になったばかりの男の子がいた。

そしてひょんなことから、彼女が子どもを育てるために、人に公言できない仕事をして生計を立てていることが判明した。

その事実を初めて知ったときは「本当かよ・・・orz」と愕然としたのが正直なところだった。このような事情があり、どうしても一歩前に踏み込む勇気が持てなかった。

それに、彼女が必要としていたのは恋愛ではなく生活の安定。

つまり「誠実」な態度で前へ進んでいくということは、彼女と彼女の子どもの生活を引き受けることを意味していた。

そんなわけで、前へ進むこともできず、恋愛感情が醒めてもなお、ダラダラと情を断ち切れずに彼女に会いに行き、なんともモヤモヤした、複雑な時間を過ごすハメになった。

そして、自分が完全に間違ったことをしていることに気づき、更に自己嫌悪に陥る。まさにそんな恋愛の苦味を味わった。

この体験から、良い恋愛は人を幸せにするが、悪い恋愛はただ人を苦しめるだけということを強烈に実感させられた。

未来に自分が望むものがない、それが分かった時点で

「恋は盲目」というが、これは本当に至言で、どんなに好きな相手も、何年も会っていれば、そのアラや人間性の不一致が露呈する。

場合によっては、「この子は好きだったけど、明らかに真剣に付き合っていく相手としてはまずい」ということが分かる場合もある。

問題はそのとき、いかに情を簡単に切れるかだと思う。

筆者のように、中途半端にダラダラと会い続けていれば、自然情が湧く。そうなるとそこで切るに切れない、本当に進退窮まる状態にまで追い込まれてしまう。

好きなのか、それともただの情なのか、それが分からなくなってくる。そして、答えを出せぬまま結論を先送りして、ただ時間だけが過ぎていく。

ただ唯一分かっていることは、自分が間違った恋をしていること。そして、かりに恋が成就してもその先には自分が望むものは何もない。いいことは何もない。

本当にこういう恋愛は苦しい。しかしなかなか、やめられない。

答えがない、もしくは自分が欲していない答えを手に入れようとしてもがいても、失うものばかり。不毛な恋愛はそういうものだ。

それは決してあなたを幸せにすることはない。時間が経てば経つほど、確実にあなたを不幸にする。

最後には、人を好きになるという、純粋な気持ちさえ失ってしまうことになるだろう。

答えは早めに出した方がいい。そうしないと

だからこそ、関係を切るべきときは、ただちにスッパリと切ってしまった方がいいのだ。それは早ければ早いに越したことはない。

そうしないと、情にほだされて引き際を誤り、人生の貴重な時間だけでなく、お金、労力、精神性、様々なものを失うハメになる。

筆者も、その女性との恋愛で様々なものを失った。その割に得たものは何もなかった。冷静に考えると、これほど割に合わないものはない。

自分がしていることは間違っている。そして、これから先頑張っても、自分が期待するものは何もない。やめた方がいいことが分かっている。

そんなときこそ引く勇気を発揮するときだ。それができないと、引き際を見失い、どんどん状況が悪くなっていく。

少なくとも、自分が期待する未来は待っていない。最後には、ただ「やめておけばよかった」と後悔が残るだけである。

筆者にとってあの女性との恋愛は、本当に長く、そして苦しいものであった。

今思えば、なぜそこまで執着してしまったのか。なぜ時間を無駄にしてしまったのか。その理由が分からない。

ただひとつ学んだのは、「未来のない恋愛は全く時間の無駄である」ということだけだ。そのことは、強くあなたにお伝えしたい。

恋愛は苦楽(くるたの)しい。しかし苦しいだけの恋愛は絶対に間違っている

人にはいろんな縁がある。

長い人生、どんな縁もそれなりの意味と気づきがあるのかもしれない。そして、良い恋愛というのは確実に人生を豊かにするし、自分の人間性を高めてくれる。

人から愛される、それは幸せなことだし、人生の僥倖だ。

ただ、人生良い恋愛ができるとは限らない。ときに、「やめておいたほうがいい」という恋愛もある。それは自分の直感が早いうちに教えてくれる。

とはいえ「恋は盲目」、好きという感情が強くなっているときは、それが難しいのも事実だ。

好きで好きで仕方ない、そういうときはついつい相手のマイナス要素から目を背け、何事も自分の都合の良いように考えてしまう。

だから引くのが難しいし、引き際を誤って、大きなダメージを受けるハメになる。

それで長々書いてきたが、結局この記事であなたに伝えたいことはたった一つだ。

それはすなわち、

望む未来が見えない相手からはさっさとガン逃げするのが一番。情にほだされて引き際を誤る前に

ただそれだけだ。

引き際は早い方がいい。そうすれば傷も浅く済む。そして回復も早くなる。あなたが恋できる相手は世の中にたくさんいる。

良いご縁がありますように。