親切心が仇になる。「察してちゃん」はその典型

2人の女性

あなたは人の顔色を読んで、その人の気持ちを察しようとするタイプの人だろうか?

あなたが「空気?そんなものは読まないね」というタイプであればこの記事を読む必要はない。一方あなたが、「ついつい人の顔色を見てしまうんですよね。忖度もしてしまいますね」というタイプなら、この話を知っておいて損がない。

それでどんな話なのかというと、俗に言う「察してちゃん」の話である。現実的な話をするので、あなたがもし人の気持ちを察してそれとなく配慮をしてしまうタイプの人なら。この話を知っておくことが、きっとあなたの役に立つだろう。

はじめに

察してちゃんとはいわゆる、はっきりと言葉にはださないものの、「私にこうしてください」という欲求を突きつける極めて自己中心性の高い人物を指す。

察してちゃんである彼や彼女はこう考える。

「人は自分の気持ちを理解してくれて当然。言葉にしなくても、わかってくれるはず」

そのため、自分の要求を「察してくれない」人に対しては、極めて攻撃的な態度を取る点が特徴的である。

この手の人物に対して「察してあげる」というチョイスはもちろんある。だがそれは、あなたの人生に余計な負担とストレスを増やすだけでなく、彼らがますます増長するきっかけを与えるにすぎない。

そして問題なのは、彼らの「察して」要求は、あなたが彼らの要求に応えれば応えるほどに増長していくという、致命的な決定を持っていることである。

自分の考えは言葉で伝える。それこそが

言葉にしなくても気持ちで通じ合うことができる。それがもし本当に可能なら、きっとこの世界は平和で多くの人が幸せを感じる世の中になっているに違いない。

ところが現実的に私たちが生きている世の中は、様々な人が様々な主張をぶつけ合い、争い、生きている世界である。それは日本という、狭い環境の中でも同じである。

たとえばあなたの職場や学校のことを考えるといい。

あなたの隣にいる人物が思っていること。考えていること。望んでいることを完全に推測することはできるだろうか?もちろん「空気を読む」レベルで理解できることはある。だが彼らの本心をあなたは、本当に察することができるだろうか?

私たちは人の気持ちを推し量ることはできるがそれが真実とは限らない。だからこそ大切なのである。「わかってくれているはず」と根拠のない期待を胸に抱くのではなく「言葉」を使って自分の考えを伝えるということが。

「察し続ける」という苦行

「だまっていては誰もあなたを理解しない。誰もあなたがしてほしいことをしてくれはしない」

これが、極めて常識的で健全な認識である。

ところが察してちゃんはこう考える。

「私が何かを言わなくても、あなたは私がしてほしいことを察してくれる。私の気持ちをわかってくれる」

そしてあなたがそれに失敗したときは逆恨みされ、あなたがそれに成功したとしても今後あなたはますますミスができなくなるハードモードに突入する。これはとても厄介である。

親切心を発揮して、あなたが相手の気持ちを察し、それに応じた行動をし続けることで、あなたは一方的に疲弊していく。

ここまでこの話を読んでいるあなたはきっと、いい人なのだと思う。人の気持ちを大切にし、その期待に答えようとする。そんな気遣いをする心の広い人なのだと推測する。

だからこそあなたは知っておく必要がある。あなたには「あえて察しない」というチョイスがある、ということを。

最後に

昔々、こんな人がいた。

会っているとき、とても楽しそうな表情をしていると思ったら次の瞬間、いかにも機嫌が悪くなったような表情をする。それは突然のにわか雨のような状態だった。

人を知らずいろんな意味で経験が浅かった当時の私は「なぜそうなるの?」と、激しく困惑したものだ。

それで「どうしてあなたは気づいてくれないの!」と態度や雰囲気から気持ちや要求を察してくれないことをじわじわと指摘されたのだが、そこで思ったことは一つだけである。

「そんなことは言ってもらえなければわかりません」

この経験から学んだことは、この手のタイプは相手に対して一方的な要求を「限りなく」つきつける極めて自己中心的な人物である、ということであった。

いくらあなたがその人の気持ちを察しても、相手はそれを「当然のこと」としか思わない。

自分の気持ちを言葉にして伝えることはせず、「言わなくてもわかる」と考えている。そして、その当然をしないとき、あなたに牙をむく。そしてあなたは精神的に疲弊していく。

健全な大人は、「自分のことを無条件にわかってもらえることなどありえない」ということを知っている。しかし何もいわなくても人は自分のことを察し、要求に応じてくれる。そんな人物に振り回されたくないのであれば、話はシンプルである。

今後はあえて察することをやめればいい。それで途切れる縁ならば、その方が幸せである。もちろん、あなたが苦行を重ねたいなら、引き続き「察し続ける」のも一つのチョイスだが。

ここまで読んだあなたにおすすめ

何があっても絶対あやまらない。そんな人と距離を置いた方がいい決定的な理由