成功本を読み漁る前に心に深く刻みたい言葉

おお、神よ!

あくまでも、「成功法則」を広めている人たちには、「こんな素晴らしい法則があるんだ」という思いがあると思います。

しかし、受け手の受け取り方にはかなりの問題があります。受け手の心の中にある願望。そこに問題があるのです。

奇跡を求める願望、近道を求める願望、楽な方法を求める願望、不思議なものを求める願望、何かに依存したいという願望・・・。

そういったものが受けての心にあるはずです。

実は、受け手にこういった心がある限り、どんなに素晴らしいノウハウも役には立ちません。

なぜならば、こういった心の奥底には楽を求める心があるからです。

岡本吏郎

願うだけ、思うだけで金持ちになれる。理想の嫁を引き寄せる。人生何もかも上手くいく。

そうなったら、本当に最高だと思う。

頭の中で欲しいものを思い浮かべる。するとそれが「はいどうぞ」と言わんばかり、目の前で実現する。

お金を引き寄せて遊びまくる。良い家を買ってパリッとした服を来てフェラーリかベンツに乗ってブイブイ言わす。女にモテて美女たちと○りまくる。

そんな人生は超楽勝である。思うだけでそうなれたら、本当に楽だ。来世があるとすれば、そんな人生に生まれ変わりたい。

スポンサーリンク

成功するために必要な対価を払う

まぁ、しかしそんなことは現実問題、ただの寝言に過ぎない。

当たり前の話だが、願望を願っても、ただ待っているだけで引き寄せることはできない。

なぜならこの世では、何かを得るためには何かを差し出さねばならないのだ。だから、ただ願うだけでは何も手にすることができない。

そして、本当に価値があるものを手に入れようとするならば、それなりの苦労が必要なのだ。

苦労するからこそ手に入るものに価値がある。そういうものだ。

そもそも楽して手に入るものに価値はない

結局、楽して何も得ることはできない。

得られたとしても、それはずっと保持する価値がない下らないものだ。しかし、苦労して手に入れたものは、苦労するだけの価値がある。

ということで、世の中で奇跡が起こることなんか、1ミリも期待しないことだ。

そのかわり、今できること、やるべきことを毎日コツコツ、じっくりやっていく。何はともあれ行動を起こす。

そのほうが、神様や誰かに願いが叶えてもらうより、よほど確実なのだから。

出典

『成功はどこからやってくるのか?』(フォレスト出版、2004年)

あわせて読みたい

願望実現に効果あり!?「目標や夢は紙に書くと実現する」について考える

キーワードは潜在意識。願望を現実にする3ステップ

人生で成功するために才能よりもずっと大切なもの