「見た目」への自己投資は利回りが素晴らしい話

ロレックスをしているお金持ち

手は口ほどにモノを言う。

高木教雄

人は見た目が9割。

これは極めて単純かつ、冷酷な事実である。つまり見た目が良いか悪いかは即イコール、人から良く思われるか悪く思われるか。その損得に直結する。

この意味で、容姿を磨くためのお金はすべて、自分への投資にすることができる。

スポンサーリンク

試せば今すぐ効果を実感できる

見た目に自己投資する意味。

それは、美容院に行き髪を整え、見栄えの良い服を購入し、誰に見せても恥ずかしくない腕時計をして、きれいに磨かれた靴を履いて街を歩けば、すぐにその効果を実感できる。

とくに、普段のイケてない自分を知っている人たちの前にその姿をさらせば、なおのこと、容姿に自己投資をする意味を実感できる。

これは男性の話だが、女性の場合、男性以上にその効果は重要である。

現実問題、あなたが女性なら下手な習い事を始めのも一つだが、「女子力」を磨くよりも、見た目を磨く方向に資金を投資した方が、その見返りは大きい。

人は見た目で判断する!

一方、あなたが社会で何らかの野望を持つ男性なら、最低限、時計と靴に投資をして損はない。

これは、仕事での評価はもちろんのこと、プライベートも価値がある投資になるからである。

社会人の世界では、となってからは、どんなスーツを着てどんな腕時計をするか。そして、どんな靴をどのように履いているか。

その全体的な印象がダイレクトに評価される。すなわち、いくら仕事ができる人でも、見た目がダメなら、その能力を正当に評価されることはまれである。

ヨレヨレのスーツを着て、子供がするような時計をし、汚い靴を履いているようでは「社会人失格」の烙印を押される。おまけに、「女子ウケ」は最悪である。

ポイントは見た目で損しないこと

ところが。

自分の体にフィットした仕立ての良いスーツを着て、上司よりもワンランク下の高級時計を見に付ける(ただし絶対に上司より高い時計をしてはいけない!)。

その上で、高級でなくてもきちんと磨かれたきれいな革靴を履いていれば一安心。周囲からは「こいつはできるぞ。信頼できるぞ」的な印象を与えることができる。

一方、プライベートでは、清潔感含む身なりに気を使うことで、あなたはリアルにモテを実感することができる。

このように、見た目の印象の損得は明らかにある。それは良い悪いの話ではなく、現実問題、そういうものである。

露骨に周囲の見る目が変わってしまうのは、実際問題、見た目に自己投資した人だれもが実感できる現実である。

まとめ

人は見た目が9割。

外見で損をしたくなかったら、イケメンとか美女とか、そういう問題はなく、今の自分の外見を磨く投資をすること。

それは決して、無駄金でも浪費でもない。

もちろん、見た目が良くなったとしてもその中身がなければ、いずれは「化けの皮」がはがれる。だから、見た目を磨くと同時に、読書などをして、内面も磨くことが大切だ。

しかし、自己投資をする上でまず何より大切なのは、きちんと効果を実感できること。投資した価値を感じられること。

この意味で、見た目への投資は、まっさきにその効果を実感できる優良な自己投資法である。何より、自分が変わったことを実感しやすい。

そしてそれによって、人は見た目で判断する生き物であることを、あらためて強く、実感することができるだろう。

出典

『MEN’S EX 2018年9月号』

あわせて読みたい

人は見た目が9割。生き様が見た目に現れるから

30代~は要注意!「人は見た目で判断できる」真実

性格は顔で分かる。特にヤバい人相の特徴3つ