人前でブスッとしていれば損をする当たり前の話

笑顔の女性

笑顔に王冠。しかめっ面に涙。

ヴィクター

シンプルだが、笑顔の力は絶大だ。

人前でいつもニコニコしている。それによって、周りの人からは圧倒的に受け入れてもらいやすくなる。人が近づいてくる。

だから笑顔の習慣を持つ人は、人間関係でダントツ得をしやすい。笑顔を作るのは無料だが、その恩恵は絶大だ。

これほどためになる習慣はないかもしれない。

スポンサーリンク

無愛想は果てしなく損をする

笑顔の効果が実感できない場合は、試しにいつもブスっとしていよう。しかめっ面をして、声をかけづらいキャラを演じてみよう。

すると秒速であなたの周りから人々が離れていくのを実感できるはずだ。それだけでなく、「あいつは感じが悪い」と、周囲の敵が増えていることに気づく。

これほどわかりやすい話はないし、このままずっと人前でブスっとしている人生。それともニコッと笑顔を作る人生。

未来でどれだけ違いがでるか。それを考える価値は、十二分にある。

ブスッとしていると敵を増やす理由

なぜ人前でブスッとしていれば損をするのか?

それは、人は自分を好きになってくれる人を好きになり、自分を嫌う人を嫌いになるからである。

人前でブスッとしていることは、「私はあなたが嫌いです」と言っているに等しい行為である。

実際、そう思っていなくても、ブスッとされた本人はそうは思わない。

「この人が感じが悪いのは自分のことが嫌いだからだ」と考えて、世の中に敵を増やすことになる。

しかし笑顔は逆だ。目を合わせた誰かがニコッとしてくれたら。単純な話だが、小学生でも分かる、シンプルな理屈である。

笑顔は人生で最強の効果を保証する

結局人は明るいもの、楽しそうなものに近づいていく。本心であれ表面的なものであれ、笑顔を作っておくに越したことはない。

それにニコニコしていれば自分自身が何となく楽しくなってくる。

だから難しく考えず、人前ではニコニコ笑顔を作っておく。そうしておけば、きっといろいろ、ためになる。

難しい話ではない。ただ人前ではニッコリしていればいい。たったそれだけのことだけど、それは人生で、本当に大きな「得」になるだろう。

出典

『デンジャラス・ビューティー』(2005年)

あわせて読みたい

関わってはいけない人と関わらないという最高の勇気

自分の頭で考える。だから人にだまされ利用されない

本当の意味で安定した人生を送るコツ