感情が込められたとき、言葉は言霊に変わる

ブロンド美女

気持ちがこもっていない言葉は、ただただ空虚である。

日本には古来より、言霊という考え方がある。

これはすなわち、発した言葉は現実になる。簡単にいうとそういうことだが、実際のところ、ただ言葉をつぶやいても、それが現実になるわけではない。

いくら「成功する」「幸せになる」とつぶやいていても、それはただただ、空虚である。

しかし、心から気持ちがこもった言葉。「何がなんでも!」という強い感情が込められた言葉はまさに言霊となる。

つまり、言葉に心からの強い感情がこもったとき。言葉はただの言葉ではなくなる。

それは、自分の人生を変える言葉にすることもできるし、他人を呪詛する邪悪な言葉にすることもできる。

だからこそ、言葉には注意したい。とくに、感情が込められた言葉は、なおさら注意が必要である。

言葉を人を自分や他の人を幸せにするために使っていれば、自分も周りもハッピーである。

しかし、言葉を他の人を傷つけたり不幸にするために使っていれば、他人だけでなく、自分も不幸になる。

そう、言葉は発せられた人だけでなく、発した本人も影響する。だからこそ、言霊なのだ。

つまりは普段自分が感情を込めてどんな言葉を発しているか。そこにもう少し、意識を払った方がいい、という話だ。

出典

不明