引っ越してから不運が続く。原因は土地との相性?

スポンサーリンク

バカンス中

世の中では表立って語られることはないが、知っている人は知っている話がある。

それは、「土地には相性がある」という話である。

土地柄という言葉があるように、合う人にとっては最高の土地でも、合わない人には最悪に合わない。

そういうことが、確かにある。

スポンサーリンク

人生がうまくいく土地 人生がうまくいかない土地

例えばあなたはこんな経験がないだろうか?

ある土地に引っ越したら、なぜか人生調子が良い。仕事がうまくいったり、新しい出会いがたくさんあって、良いことがたくさんあった。

自分が自分らしく生きれている感じがして、毎日が自然に元気。体の内側からエネルギーが溢れていることを実感できる。

一方。

ある土地に引っ越したあと、なぜか悪いことが続く。隣人トラブルに巻き込まれたり、仕事がうまくいかなくなったり、恋人と別れてしまったり。

それだけでなく、理由もないのに体の調子がなんとなく悪く、元気がない。エネルギーがなくて、性格もネガティブに。何か新しいことを始める気すら持てない。

以前まではまともな暮らしができていたにも関わらず、新天地で問題多発。

そんな経験があるのなら、本当の原因はあなたではなく、土地との相性かもしれない。

本当の問題は長期的な悪影響

ある土地に引っ越して人生が良くなった。逆に、ある土地に引っ越して人生が悪くなった。

うさんくさい話のように感じるかもしれないが、確かにある話である。

旅行で短期間、相性が悪い土地へ足を踏み入れるくらいならまだいい。悪影響はまだ少ない。

しかし本当の問題は、そこで生活しなければならなくなったとき。

生活は継続。すなわち、土地からの影響を受け続ける。相性が合わないのに、そこで暮らし続けるダメージはプライスレス。

魂が窒息し、やがては自分らしさを見失ってしまう。

相性が悪い土地のサイン

人生には、自分の努力で主体的に変えていくことができることと、自分がいくら努力しても、どうにも変えることができないものがある。

後者の代表が、環境である。

自分に相性が悪い土地は、何を努力しようが変えようのない環境である。可能であるなら、そこから引っ越すことが望ましい。

もしあなたが新しい土地に引っ越して、

「理由もないのに息苦しい」

「自分が自分でないような気がする」

自分が小さくなって萎縮している感じがする

という状態になっているなら。

これはまさに、環境が合っていない証拠。引っ越しを検討する価値がある。

相性が良い土地のサイン

逆に、

「なぜかこの土地は、自分が自分でいられるような開放感がある」

「そこで暮らす人達と自然に仲良く接することができる」

「引っ越してきたあと、なぜかいいことが続く」

これはまさに、土地との相性が良い証拠。そこがあなたにとっての約束の地となる可能性あり。

ご縁があったなら、その土地で暮らしていくと、そこから良いエネルギーをもらうことができる。

終の住処として考える価値がある土地である。

まとめ

土地にはそれぞれエネルギーがあり、相性がある。

「県民性」という言葉があるように、その土地、その環境が、そこで暮らす人々を一定の方向性へ導いているのは、紛れもない事実である。

「この街はなんとなく、好きになれない。いつまでも溶け込むことができない」

この場合、

「自分にも原因があるかもしれない」

と考え、土地になじむ努力は必要かもしれない。

しかし、その努力をしたにもかかわらず、どうにもこうにもなじめない。悪いことばかり起こる。

その場合、その土地と相性が悪い可能性が高い。

自分の感覚を信じて、もっと居心地良い、気持ち軽やか。自分が解放されるような気持ちになる場所を探すのが良いだろう。

最後に

人は環境の生き物。エネルギーをもらえる場所に住むか。それともエネルギーを奪われる場所に住むか。

それはお金には換算できない、重要な問題である。

どうせ暮らすなら、自分の魂が伸び伸び自由に、生きれる土地で、人生を送ることが幸せである。

「自分は今、間違った場所にいるのでは?」

と疑問を感じたら、自分の感覚を信じたい。

自分にとってどこが生きていくために安全なのか。自分自身が知っているのだから。