運を悪くしないために絶対にしてはいけないこと

幸運を見つけるために

運を良くする方法は様々で、「これをすれば絶対に運がアップする!」という万能法則はない。

運を良くする方法はあくまで、経験則の範疇。いろんな方法を試して、自分が運アップを実感できる方法を見つけていくしかない。

しかし逆に、運を悪くする方法ならある。それは誰が何をしても同じように運が悪くなる。これはとても大切なことだ。

運を悪くする方法を避けることができれば、運が良くならずとも、運がグダグダになることを避けることができる。

そのため、「もし運を良くしたい」と思うならまずは、「これをすれば運が悪くなる」ということを避けることが大切だ。

スポンサーリンク

人に恨まれるのは運にとって致命的

では具体的に、何をどうすれば運が悪くなるのか?

その最も確実な方法の一つは、人に不義理をすることである。

お世話になった人や自分を助けてくれている人を裏切る(恩を仇で返す)。お金を借りて返さない。

そのような不義理が運を劇的に下げる。なぜなら、不義理を働くことで、人に大きく恨まれるからだ。

運は人を通じてやってくる。だから人を大切にして人として誠実な人は運に恵まれやすい。

逆に、人を大切にせず、不義理ばかりしていると、人に見放され、やがては運に見放される。こういう仕組みだ。

この運が下がる仕組みを理解しておくと、運を上げる方法が見えてくる。

運が良ければピンチのときもなんとかなる

運は人を介してやって来る。ということは、運がいい人とは人に好かれる人と考えることができる。

何か困ったことがあっても、「あいつが困っているなら、俺が助けてやろう」という人が現れて、助けてもらえる。

そういう人たちの手助けを借りて、なんだかんだとピンチを乗り越えて、最悪のときをやり過ごしていくことができる。

このように、運とは人であって、人に好かれれば運は近づくし、逆に人に不義理をすれば人から嫌われるので、運からは見放される。

こう考えれば、どうすれば運をよくすることができるのか。逆に、運から見放されることができるのか。

現実的に考えることができる。

誠実さは最良の方策

ということで、もしあなたが運に恵まれた人生を送りたいのであれば、人に対して絶対に不義理をしないことである。

そして、「この人を助けたい!」「力になってあげたい!」そんなふうに思われる人を目指すことだ。

そうすれば、目に見えるカタチで、運がグングン上がっていくことを実感できる。

そのためには自分のことだけを考えていてはダメだ。あなたが「自分の運さえよくなればいい」と考えている時点では、運は上げることはできない。

自分のことだけを考えるのではなく、ほんの少しでも、配慮できる人を目指す。そして、人には対しては何事も誠実に対応する。

そんな人間として当たり前のことが、運を高めていく秘訣だ。

このように書くと綺麗事のような感じするが、「情けは人のためならず」は運を上げる上で正しい。

運の良い人になるなら、恩義を忘れず、人に対して誠実にいることが大切だ。