「運命の人」をずっと待ちわびているあなたへ

ウェディングドレスを着た女性

あなたは運命の人がいることを信じるだろうか?

他の誰でもない、この人以外とは一緒になるとは想像できない。そして一緒になって、最高に幸せな関係を気づくことができる。そんな運命の人を。

もしあなたが運命の人との出会いがやって来ることを信じており、今はまだその出会いがやってきていないなら。もしかしたらこの話が、あなたのお役に立てるかもしれない。

運命の人との出会いをずっと待ち続けた女性

ここにこんな女性がいる。

彼女は20代の頃からずっと、運命の男性と出会いたいと思いつつ、ずっと見つけることができなかった。それは、別に彼女に何か欠点があるとか、そういう理由ではない。

彼女の容姿は人並みだし、自立して仕事もしている。何よりたくさんの友だちに囲まれている。つまり彼女の性格に「致命的」な問題があるわけでもない。

しかし、彼女は出会えなかった。そして気がつけば彼女は「もう結婚は無理かもしれない・・・」と焦る年齢に差し掛かっていた。

それでも彼女は、運命の出会いをずっとずっと待っていた。そしてついに、彼女にその出会いがやってきた!

彼女がふと足を運んだ場所である男性に恋をした。それからの展開は驚くほど自然に進んでいった。彼女が男性と自然に会話をし、連絡先を交換する機会が用意され、後日男性と会うことになった。

彼女は「このチャンスは逃せない!」と積極的に運命を掴み取ろうと行動した。そして幸運の神様は彼女にほほえんだ。

運命の出会いを見逃さないために

このように、運命は誰にでもある。

そこに至るまでどのようなことを経験するか。そして、どのような人と出会うのか。もしかしたら、それが最初から決まっているからこそ、私たちはそれを、運命と言うのかもしれない。

この意味で、あなたが人生で出会うべき人とは、遅かれ早かれ、必ず出会うことができる。そのときあなたは何のためらいもなく、「この人だ!」ということが分かる。

それは理屈ではない。直感が教えてくれる。問題は、そのときのあなたの行動だ。

運命の人と出会った。そして、あなたがそこからすべき行動を起こす。それによって、最初から約束された物語が動きだす。

ここであなたがためらい、動かなければ、運命は成就しない。起こるべきはずであったことが起こらず、あなたはそれを後悔するかもしれない。

しかし、あなたが直感にしたがって動き出せば、あとの物語は、恐ろしくなるくらいスムーズに動き出す。

タイミングは完璧に合う。誰もあなたの恋を邪魔するものは何一つない。自然に運命の人と距離が近づき、必然的な関係が出来上がる。

それは本当に、何もかも完璧すぎる。なぜならあなたが恋したその人も、「この人こそ!」という、強い確信を持っているからである。

運命の人との出会いは障害に邪魔されない

そう、運命の人との出会いは何もかもがスムーズに進んでいく。

例えばあなたが会いたいを思い連絡する。すると、ちょうど相手も驚くくらいタイミングがあって、デートの約束がスムーズに決まる。

そして、デートをして実際に会っているときも、ますます互いの気持ちは高まりあい、一方通行になることがない。

だから、関係はトントン拍子。「最後の約束」にまでも、スムーズに進んでいく。逆に運命の人ではない人との関係は必ずと言っていいほど、タイミングが良くない。

あなたが会いたいと思っても向こうの都合が悪くて会えない。会う約束をしていてもそれがキャンセルになったり、トラブルが起こったり、「やめておけ」というようなサインが、至るところで現れる。

しかし、運命の人との関係は、それとは完全に真逆である。全てが驚くほど、スムーズに進んでいく。だからこそ、ますますあなたは確信できる。「この人こそ、私の運命の人だ」と。

「そのとき」が来たら行動あるのみ

問題は、その出会いがいつやってくるのか、ということだ。これに関しては、いつというのは分からない。ただ言えるのは、それは本当に「突然」やって来るということだ。

その場所は、あなたがふと足を運んだカフェかもしれない。偶然参加した勉強会かもしれない。つまり、どこで出会うのかは完全に未知数だ。

でも、あなたが運命の人と出会ったとき、あなたの直感が教えてくれる。「今、行動しなさい!」と教えてくれる。

あなたがすべきなのは、直感にしたがって、やるべきことをやるだけだ。声をかける。連絡先を交換する。この瞬間こそあなたが将来後悔するか幸せになるか、まさにその分かれ道となる。

だからそのときが来たら、あなたは恐れずにやるべきことをやればいい。そう、それこそが、もしかしたら最初から約束された出会いかもしれないのだから。

最後に

出会いは不思議だ。

私たちはいつも、なぜ出会うのか。いつ出会うのか。それを知ることはない。しかし、別々の人生を生きてきた男女が、出会い、結び付く。それはとても素晴らしいことだと思う。

あなたが運命の人との出会いを待ちわびる気持ちを持っているのであれば、それはあなたの深いところであなた自身が、その出会いがあることを知っているからかもしれない。

それはいつになるのかは分からない。どこでやって来るのかも分からない。だが、その運命の出会いはあなたの人生で最もベストなタイミングでやって来るということは確かである。

その時が来たら、あなたはすぐに分かる。そのとき、絶対にそのチャンスを見逃さないことだ。ただ、心の声に従って、動けばいい。それは最初から約束された出会いなのだから。

あわせて読みたい

もし運命の人が目の前に現れたら、もう迷ってはいられない

運命の人は「心」が教えてくれる話

タイミングが合わないものは無理に追わない