「最近ツイてない」と思ったら試したい運を良くする方法

ツイてないよ・・・

「最近運が良くない・・・。」

と感じたときにできること。

自分でできる運力アップの方法とは。

私が試したこと

筆者は成果報酬の仕事をしている関係で、個人的にずっと運勢について興味を持ってきた。情報をいろいろ調べて、運がよくなるとされる方法を自分で試してきた。

例えばこんな感じだ。

【生活】

・トイレ掃除をする

・玄関の掃除&水撒きをする

【習慣】

・酒風呂に入る

・「ありがとう」を口グセにする

【その他】

・パワースポットに行く

どれも、さまざまな書籍で「運が良くなる」とされている方法だ。

はじめに結論だが、どの方法を試しても「確実に運が良くなった」と実感したことはなかった。

パワースポットに行っても、酒風呂に入っても、その次の日に「運が悪いなぁ・・・」と感じることがあったからだ。

もちろん、「運が良くなったかも?」と体験レベルで思う出来事もあった。でも、どの方法も再現性はないし、あくまで体感の域(早い話「気のせい」)を出なかった。

いろいろ試した結果思うのは、「運を良くする方法」を考えるより、自分の今の運の状態をつかんで、それに応じた行動をする方が確実に波に乗れるということだ。

運が悪いときの考え方

理由はシンプルだ。

運は水モノで、運の善いときと悪いときが波のようにやってくるからである。どんな人でも、ずっとツイていていいことずくめの人はいない。必ず運の悪い時期が来る。

運勢は人間のバイオリズムのように、ボトムとトップがあり、その波が交互に循環している。

「最近調子がいいな!」というときはドンドン行動して波になることができるが、やがて不調のときがやって来る。

問題なのはその不調のときだ。

その不調の時期は、次の幸運が来るための運を貯めている時期で、ツイてないことを認めつつ、必要以上に落ち込まないで、「今はそういうときだ」と割り切るのが吉なのだと思う。

ツイてないときは必要以上に落ち込まないで、状況が変わるのを待つことが大切だと思う。

ここで間違っても運を良くしようと闇雲に行動するのはNG。運の悪いときにジタバタしてしまうと、更に悪運がやってくる。

本質は、「ツイてない・・・」とイヤな気分でいるときにますます運が悪いことが起こる。

だからこそ、自分から積極的に動かず、気持ちをコントールして、じっとしているのが安全だと思う。

気にしないでマイペースに過ごしていれば、やがて調子は戻ってくる。すると、またツイている時期がやってくる。

運が悪いときに試してみたいこと

とはいえ、ツイてないときじっとしているだけでは不安を感じてしまうこともあるかもしれない。

そこで最後に、運が悪いときが続くとき試してみたいことを書いてみたい。これらの方法は運に関して様々な情報を集めて、筆者自身が試してきたことだ。

【考え方】

・運が悪いときは今の生活を振り返る。睡眠不足や食事など、生活習慣が原因であることがある。

・「ツイてない・・・」というときはポジティブになる必要なし。「そんなもんだ」と受け入れ、ムリをしない。ツイてないときは動かないのが鉄則。自分の運の周期を見極める。

・言葉の使い方を訓練する。きつい言葉使いは知らないうちに人の反感を買い、恨みを買う。自分が言われて嬉しい言い方を考える。ただし、人への気遣いもホドホドに。

【行動】

・好きなことをやる。「楽しい!」という気分がツキを呼ぶ。

・運が良さそうな場所へ出向く(例えば高級住宅地や高級ホテル、特に高級住宅地を散歩するのはとても良いと思う)。

・ムリはしない。現状維持でOK。

【環境】

・部屋の掃除をして、部屋を気持ちの良い空間にする。生活環境を整える。

【自己管理】

・感情を安定させる。感情が不安定だといろんなことがネガティブに感じられる。

・健康を保つ。健康を害しているときは、気分も落ち込み、運も下がる。

筆者の場合、「運が悪い・・・」というときは、ムリをしないことを鉄則としている。

部屋を掃除して、体を休ませる。そして、美味しい物を食べて、グッスリと休む。何だか普通の健康管理のようだが、こんな風に時間を過ごしていると、気分も良くなる。

休んでいるうちに気持ちも変わり、調子が戻ってくる。

運が下がってダウンしているときは、ムリをせず、やれることをやる。こんなシンプルなことが、実は運を良くするために大切なことなのかもしれないと思っている。

参考文献

桜井章一『運に選ばれる人 運に選ばれない人』

萩本欽一『ダメなときほど運はたまる』

本田健『強運を呼び込む51の法則』

ツイてないよ・・・
Follow Me