なぜ環境選びを絶対に妥協してはいけないのか?

どうしようか、と考える少年

環境は慎重に選ぼう。なぜなら、環境こそがあなたを形づくるものだからだ。

W・クレメント・ストーン

控え目に言って、世の中にはとてつもなく迷惑な人たちがいる。

騒音を撒き散らす者。人のプライベートに無遠慮に入って来ようとする者。流言飛語を流して人の評判を不当に貶めようとする者。

迷惑な人はいろいろいるが、特に実害が高いのは騒音系の迷惑な人である。特に、マンションのような集合住宅にこの手の迷惑な人が住んでいたら最悪である。

朝晩問わず無神経な音を撒き散らし、周囲の住民の安寧な生活を脅かす。

スポンサーリンク

You are where you live.

住宅は環境である。その環境の安全性が脅かされていては、安心して暮らしていくことはできない。

睡眠不足やストレスによって、日常生活に支障が出ることは避けられない。つまり、QOLが著しく害される。

この手の騒音主に対しては、某おばさんのように、

「引っ越し!引っ越し!さっさと引っ越し!」

と煽りたいところではあるが、それをしてしまえば彼らと同じアナのムジナ。

非文明社会の一員になってしまうのは、避けられないところである。やはり、どんな状況であっても、人間性だけは失わないようにしたい。

環境というブースト力

とはいえ、あまりに環境はどうしようもなく悪化しているならば、いっそ新天地を求めた方が安心できるかもしれない。

信じられない話かもしれないが、人生うだつが上がらない日々に悩んでいた人が、心機一転、環境をガラリと変われば。

信じられないくらいエネルギーに満ち、人生を開拓していく例は至るところで見つけることができる。

この点、環境の影響力はとてつもない力を持っている。だからこそW・クレメント・ストーンが言うように、環境はしっかり、選ぶ必要があるのである。

最後に

朱に交われば赤くなる。孟母三遷。

昔から環境の大切さはいろいろ言われているが、それが言われ続けている理由はやはり、環境の力が真実であるからこそである。

悪い仲間と付き合えば、あなた自身も悪い人間になっていく。人生がうまくいっている人と付き合えば、あなた自身の人生もうまくいくようになる。

環境は才能や能力とは違う次元で、人生に大きな影響を与えていく。この意味で環境は本当に重要である。

自分の生存にとって最適な環境を、選び取ろう。

あわせて読みたい

「置かれた場所」で輝けないときの対処法

人は環境の生き物。「住む場所」で運命は決まる

人生を変える引っ越しのすすめ