お先真っ暗の「どん詰まり」のとき思い出したい5つのこと

Everything is gonna be all right.

人生には必ず、下り調子の苦しいときがやって来る。

やることなすこと上手くいかず八方塞がり。気持ちが塞いで、苦しみが今後もずっと続いていくように感じてしまう。そして「これからよくなると」いう未来への希望が見えないから、ますます精神的に参ってしまう。

しかし大丈夫。今の苦しみが未来永劫続くことはない。

そこでこの記事では、未来に希望が持てないどん詰まりの状態になったときに思い出したい5つのことをあなたにシェアしたい。

もしあなたが今、先が見えずに苦しい試練のときを迎えているなら。ほんの頭の片隅にでもいい。この5つのことを入れておいてみて欲しい。参考になれば幸いだ。

今は一時的な状態であること

あなたが今どれだけ最悪の状況にあったとしても、まず思い出したい朗報が一つある。それは、今あなたが経験している「最悪」という状況は、あくまで一時的な状況にしかすぎない、ということである。

つまり状況は必ず変わっていく。どれほど最悪な状況でも、必要な期間を経て、状況は変わっていく。だから「明けない夜が来ることはない」という言葉はただの気休めではない。

それは実際にそうだ、という真実なのである。

悪くなればその後良くなること

次にあなたが思い出したいこと。それは、人生は良くなれば悪くなる。そして悪くなれば次は良くなるという、人生の流れである。

人生は、酸いも甘いも噛み分けて、必要な気づきを得るための体験である。だから人生でいいことだけを経験するということは非現実的であるし、同時に悪いことしか起こらないというのもまた、非現実的である。

あなたが今人生で最悪の状況にあるならば、その次がどうなるか。先は見えている。最悪のことが起これば最高のことが起こる。

つまるところ、あなたが今経験している最悪のなかに、これからあなたが経験する最高の出来事が起こるきっかけが隠されている可能性があるのだ。

「今すぐ」状況を逆転させようとしないこと

人生が最悪のときに大切なのは、まずその現実を直視して、ジタバタ足掻かないことである。

今目の前には最悪の状況がある。そしてはそれは現実であり、今すぐそれをなんとかすることはできない。正確な現状認識を持ち、時が過ぎるのを耐えて待つ。そんな忍耐が必要である。

ここで注意したいのは、「目の前が最悪なのは分かっている。だからこそ逆転の一手をを打つ!」と、恐れから行動を起こさないことである。

例えば、あなたの事業が今どん詰まりにある。そこで、その状況を打開しようと新規ビジネスを検討する。このような行動は一見前向きに見えるかもしれない。

しかし、その行動の背景にあるのは、今のビジネスがダメになるという恐れの気持ちである。そして恐れから始めた行動は、上手くいかないのがお約束である。

どんな状況でも自分にとって必要な学びあること

人生で忘れてはいけないのは、どれだけ人生から見捨てられてしまったような状況に陥ったとしても、救いの手が差し伸べられるということである。

なぜなら、それを経験することが、長い目で見ればあなたの人生においてそれを経験するだけの必然性があるからである。

今目の前で起こっていることだけ見れば、それは経験したくないこと。最悪の出来事かもしれない。

しかし今起こっていることと向き合い、なぜ自分の人生にそれが起こったのか?その理由は5年後10年後。もしかしたら20年後。いつになるかは分からないが、分かるときが来る。

「ああ、だからその経験が自分に必要だったのだ」と。

生き抜くことを最優先する

最悪の状況というのは、ある意味自分を再生する絶好のチャンスである。

今まで捨てることができなかった無駄なもの。自分にとって必要のないもの。すべてゼロベースで再考し直すことができる。

だからあなたが何かを手放すことになったとしても大丈夫。それはこれからのあなたに必要のないものである。そして今後あなたにとって必要なものは、これから必ず手に入れることができる。

この意味で大切なのは、何を捨ててもいい。失うことを恐れずに、状況が変わるまで、生き残ることが大切である。生きてさえいればなんとかなる。状況は必ず変わる。

最後に

人生はどんな辛い時期も、いつかは必ず終わる。自分を信じることができないとき、「明日はきっと良くなる」という希望さえ見えないとき。「絶望」という言葉が頭をよぎる。

しかし思い出して欲しい。人生は必ず変わる。最悪は必ず過ぎ去る。生きてさえいれば、今の幸せに感謝できる日が再び、やって来る。

だから明日に光を見つけるために思い出そう。心に希望の火を灯すために。

あわせて読みたい

いつか必ず光は差す。明けない夜はないのだから

ピンチのときの選択で自分の未来が決まる話

「もう自分はダメだ・・・」と思ったら繰り返し読みたい言葉