在り方

人生を生きる上での本質的な在り方、行動の指針等をご紹介しているカテゴリです。

在り方

結局どんなときも最後に頼りになるのは自分自身である。

人は一人では生きてはいけない。しかしだからといって、何でもかんでも人に頼るのが最善という話ではない。人生どんなときも頼りになるのが自分自身。自分を信じて頼ることが、道を拓くカギである。
在り方

【体験談あり】口ぐせで人生は本当に変わるのか?

口ぐせとはズバリ未来の自分への暗示。この話を意識することで、幸せな将来を「今」ここから、作っていくことができる!
在り方

人生で起こる80%のことは「穏便」に済ませていい。ただし

人生余計な争いは避けるが吉。ただし、何でもかんでも穏便に済ませようとすると、大切な何かを失う恐れがある。本当に大切なこと、絶対に妥協できないことは、損得考えず、自分の筋を通し続ける。
スポンサーリンク
在り方

自由な人生とは自分で決められる人生である。

自分のことを自分で決める。その当たり前こそが自由の正体。人生で求めたものは手に入る。それが手に入ると信じている限り。
在り方

人生がうまくいっていないときのサインと身の処し方

人生がうまくいっていない「守り時」の大切なサイン。ポイントは守勢を貫き流れが変わるのをじっと待つこと。耐えればいつか、流れは変わる!
在り方

「自分は被害者である」と考えているうちは絶対に人生は変わらない

人生を台無しにする典型的な考え方が被害者意識。人生がうまくいかない原因を誰かのせいにしている限り、人生を変えることはできない。
在り方

「~しかない」この考えが精神的に自分を追い詰める元凶

人生で自分を精神的に追い詰めないための大切な考え方。人生「~しかない」ということはない。自分が気づきさえすれば、常に代替案はそこにある。
在り方

どんな時代も最強の人。それが「しぶとい人」

不安定な人生を生きていく上でもっとも価値がある能力。それがしぶとさ。才能や運があればあったにこしたことはない。しかしそれ以上に重要なのが「しぶとさ」。その理由がこちら。
在り方

人生にはいろんなパターンがある。そのなかでも特にツイてるパターンがこれ

人生は長い。大切なのは最後の最後で、自分の人生に納得できること。この意味で人生遅咲きの人は幸運。前半の苦境さえ耐えていけば、どんどん人生が安定していくから。
在り方

苦労すれば老ける。この結果から分かること

苦労はしたほうがいいのかしない方がいいのか。それを考えるために大切なのが「苦労した人がどうなったのか?」という結果。
スポンサーリンク