「最近、よく物が壊れる」と気づいたときは

なんでだろう?

人生には面白いことに、やたらと物が壊れる時期がある。

家電製品、パソコン、お気に入りのアイテム、特に不注意をしているわけでもないの、突然ぱったりと壊れてしまう。それが一度だけでなく二度三度、連続して起こるときがある。

これは一体何を意味しているのか?ただ単に物の寿命が尽きただけなのか?それとも他に何か意味があるのか?

このページではその意味について、個人的な経験をもとに一つの考え方を提示する。

不思議な話なので信じる必要はないが、「こういう考え方があるのか」と頭に入れておくと、あなたの身の回りで起こっていることの意味が理解できるかもしれない。

頻繁に物が壊れる理由

まずはじめに、「一つだけ物が壊れる」のは大した意味はない。ただ単純にその物の寿命が尽きただけであることが多い。

ただ、一つだけでなく、二つ三つ、連続して物が壊れるのはやはり何かがおかしい。何か意味があると考えた方が自然である。

では一体そこにどんな意味があるのか。

そこが重要なのだが、一般的には物が次々と壊れることは「自分自身に変化が起こる兆し」と言われている。そしてそれは確かに個人的な経験からも納得できる。

物が頻繁に壊れるときは、正直気分が良くない。特に、昨日まで使えていた物が朝壊れていることに気がつくとうんざりする。

しかしなぜそが起こったのか?その意味を好意的に解釈すればこのように考えることができる。

物が壊れたときは新しい物に変えるチャンス。すなわち物が頻繁に壊れるときというのは自分自身が変わっていくタイミングである、と。

このように考えると、近頃頻繁に物が壊れるとき。それは「あなたはこれから変わっていきます」という、変化が起こるサインと考えることもできる。

ちなみに、人によっては「物が壊れるときはエネルギーが動いているとき」と表現している人もいる。

エネルギーが動くことによって周りの空気が振動する。だから物が壊れる人生が動いているサイン、という考え方である。

「変化を受け入れる」ということ

実際に私自身、人生のある段階で物がなぜか頻繁に壊れる時期を経験したことがある。

あくまで結果論でしかないが、その経験を振り返ってみると、それはまさに人生の転機であった。そして転機の後は必ず、新しい出会いや収入のアップなど、今までよりも大きなプラスを手に入れることができた。

そのため、物が頻繁に壊れるようになったときは、「そうか、そろそろ自分の人生が変わっていくタイミングなんだな」と前向きに考えることにしている。

そうすることで、その後やってくる変化に対しても恐れずに受け入れることができ、スムーズに自分を変えていくことができる。

だからこそ「そうか、だからあのとき変わっていく必要があったのだな」と納得できる結果になることが多かった。

とはいえ、物が頻繁に壊れる時期はそうそう起きない。だからこそ気づくことが必要である。「自分が変わるべきタイミングが来た」ことを。

最善の結果を得るために

これは不思議な話だが、人生で起こることは本当にベストタイミングである。

当たり前だが、人生は変化の連続である。同じような日々の繰り返しのよう思えても、日々何かが少しづつ変わっていく。そして、大きな変化がない限りは、なかなかそのことに気がつかない。

しかし、人生で大切なのは、自分が変わるべきタイミングで自分自身を変えていくことである。それによって、スムーズに自分が変化して、人生において必要な経験をすることができる。

「物がよく壊れる」というのはまさにそのサインである。「これから変化が起こる」というサインである。

だから、やるべきことはシンプルだ。今までのことにとらわれないこと。気持ちを前に向けて、新しい自分になるための心構えを持つこと。ただ、それだけでいい。

変化することは不安が伴うが、最終的には変化することが最善である。流れに乗って、自分自身を変えていこう。

最後に

以上、個人的な体験をもとに、近頃頻繁に物が壊れる現象が起こったときの考え方についてここでシェアした。

あくまで個人的な経験をもとにした考え方なので、あなたに当てはまるとは限らないことは強く強調しておく。

一方で、人生には変化が起こるときがやって来る。その時が来たら「変化が起こっている」という兆候が必ず身近に現れる。

あなたがそれに「ピン!」と来たとき。人生が変わっていく心構えを持っておくことをおすすめしたい。一時的には感情が混乱することもあるだろう。しかし変化が起こればそれは吉。

最後にはきっと、現実は上向いていくのだから。

あわせて読みたい

変化が来たら抗わない。これが人生の転機を乗り越えるコツ

良くなる前に悪くなる。人生における好転反応とは

チャンスは突然やって来る。大切なのはチャンスをつかみそこねないこと