新年の誓いは立てることに意味がある

スポンサーリンク

元旦

新しい1年を迎える元旦。そこで真っ先にしたいのが新年の誓いだ。

「今年は○○を実現したい!」

と、1年ですべきこと、挑戦することをリストアップ。紙に書いていく。

新年の誓いはえてして3日坊主で終わってしまうこともあるが、大切なのは、したいことや実現したいこと、目標を考えることそれ自体にある。

スポンサーリンク

なりたい自分を夢に見て

「1年どうしたいのか?どうなりたいのか?」

そこを最初に意識するかしないかで、1年のスタートダッシュは随分違う。

特に、新しい1年を向かえた元旦は、気持ちもやる気も段違いだ。去年のことは去年のこと。もう新しい1年が始まっている。

このときほど、変革のチャンスはない。

気持ちを切り替え、これからできることは何なのか、すべきことは何なのか。実現したいことは何なのか。

それらをじっくり考えて、1つ1つ紙に書いていく。

理想はデカくていい

仕事はどうか。収入はどれくらい欲しいか。

人間関係はどうか。独身ならどんな人と出会いたいか。誰とどんな関係を築きたいか。

家はどうか。もっと良い部屋に住むか。持ち家を買うか。

自分の人生についてじっくり考え、どこへ進むか、どこへ行きたいのかを真剣に考えれば考えるほど、人生は自分の希望する方向へと近づいていく。

自分の道は自分で決める

意思あるところに道あり。

新しい1年、自分がどちらの方向へ進みたいのか、その道筋を意識することが大切だ。どこへ行きたいかが分かれば、その方法も明らかになる。

せっかくの新しい1年。どうせなら、よりよい1年にしたい。そのための第一歩は、新年の誓いを立てることからスタートする。

今年はあれをする。これをする。新しい1年、いろんなことに挑戦して、人生の舵を自分自身で切る。進みたい方向へ進んでいく。

人生で後悔しないために。

あわせて読みたい

一年の計は元旦にあり。元旦に一年の計画を立てる意味

願望実現に効果あり?「目標や夢は紙に書くと実現する」について考える

なりたい自分になることを、かんたんにあきらめるな