人生の気づき.comについて

ようこそ!

ご覧いただきありがとうございます。

当メディア『人生の気づき.com』は累計読者数100万人(2021年3月時点)を突破した人生のお悩み解決ウェブメディアです。

人生や自己実現、運命、仕事、人間関係、運といった自己啓発的な話題をテーマに、より良い人生を生きるためのヒントをシェアしています。

当メディアは1000記事以上のコンテンツがあり、定期的に新しい記事を追加しています。

少しでも気になる記事を見つけたら、この機会にメディアをブラウザのお気に入り登録への追加やSNSを使って、再びアクセスできる状態にしてみてください。

悩む意味を問い直す

お金に仕事、生活や人間関係・・・。人生には様々な悩みがあります。

生老病死はもとより、リストラ、老後の年金問題etc。まともに生きようとするなら、生きていくことは不安だらけ。

自分の人生とは一体何なのか?どう生きれば正しいのか?答えが分からず、つい考えこんでしまうこともあります。

そこで当メディアでは、様々な視点から人生や生き方について考える、「気づき」をテーマにした記事を公開しています。

『人生の気づき.com』が伝えたいメッセージ

人生は平坦ではありません。運営者である私自身、進んではつまづき、そして立ち上がる。そんな七転び八起きの人生を送っています。

そのため、「私の人生はこのように成功していますので、あなたもこのように生きるべきです」など、偉そうに語るつもりは1ミリもありません。あわせて、「人生は○○が正解です」など、「正しい生き方」などをあなたに説くつもりもありません。

もしかしたら人生はすべて思ったとおり。やることなすことうまくいく人生が成功でなのかもしれません。失敗したり、辛いことを経験することは、できれば少ない方がいいのかもしれません。

しかし実際の話、そんな人生は退屈です。むしろ転んで起き上がるからこそ、人生を生きる価値を実感することができるのではないでしょうか。

今当メディアをご覧いただいているあなたがどのような状況にあるのかはわかりませんが、一つだけ確かなことがあります。それは、どんな逆境が目の前にあったとしても必ず光が差すこと。最後には「なんとかなる!」ということです。

「あなたなりの生き方」を見つけるために

「◯◯をすれば100%上手くいく!」

人生において魔法の杖は存在しません。

努力しても上手くいかないこともあるし、どん底続きだったのが、ある時を境にグングン状況が好転することもあります。だから人生は面白いと言えます。

とはいえ何の保障もないこの世の中で、本当の意味で豊か、そして幸せな人生を生きるためには、自分なりの価値観や信念、人生観を持つことが必要不可欠です。

そのために大切なのは視点を広げること。人生についてのいろんな考え方を知り視点を広げることが大切です。

狭い価値観は、ただ狭い人生にあなたを押し込めて不自由にするだけですが、広い価値観はあなたをより自由に、そして豊かにする生き方のありかを示す篝火となるでしょう。

様々な考え方を知り、視点を広げていくことで、人生の柔軟力がアップし、様々なピンチを乗り越えていくことができます。当メディアの情報が、その一助になれば幸いです。

閲覧における注意点

物事には建前と本音があります。事実を脚色し、耳障りよく体裁を整えて表現することが賢い行動かもしれません。

ただ当メディアにおいては物事をきれいに脚色して書くようなことはしていません。なぜなら当メディアは、人生の現実に即した情報を伝えることを目的としたウェブメディアだからです。

そのため、「それを言っちゃあ」という物事は直球ストレート。現実を現実とし、書くべきことをお伝えしています。その点、「これはストレートに書いた方がいい」という事柄に関してはネガティブな情報もストレートに公開しています。

人生においてポジティブなものもネガティブなものも、生きていくために必要な情報です。特に「実用性」という意味で、ネガティブな視点を持つことも大切だと考えています。

人間の様々な姿を理解する上でも、多様な方向から物事を捉える価値があります。当メディアはきれいごと抜きに伝えるべきことを公平かつ真正面から取り上げている点、予めご了承ください。

また当メディアは「伝えたい人に伝えるべきことを伝える」というスタンスで、記事を公開しています。いかなる効果効能を保証するものではありませんが、ほんの少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

noteで限定記事を公開しています

『人生の気づき.com』の記事を気に入ってくださった方や、当メディアの活動をサポートしてくださる方はこちらをご覧ください。

人生の気づき.com 有料限定コンテンツ

運営者について

当メディアの運営者情報についてはこちらでご紹介しています。「どんな人が記事を書いているの?」という方はこちらをご覧ください。

運営者情報はこちら