タイミングが合わないものは無理に追わない

スポンサーリンク

なんで電話出ねえんだ?

人生、本当にタイミングって大切だと思う。

タイミングが合うことは、こちらが意図的に努力をしなくても、なぜか物事が自然と上手くいく。

会いたいと思っている人とスムーズに会える。話がすんなりまとまる。ともかくトントン拍子に上手くいく。

でも、タイミングが悪いときは何もかもダメだ。

誘っても向こうは忙しくて時間が合わない。途中でトラブルが起こってつまずいてしまう。ともかく物事がスムーズにいかない。

特に、恋愛関係とか、人間関係においてタイミングの良し悪しは致命的な問題になる。だから、タイミングが合わない人=縁がない人と考える人もいる。

スポンサーリンク

タイミングが合わないということ

では一体タイミングとは何なのか?タイミングの良し悪しをどう捉えていけばいいか?

一番シンプルな考え方が、タイミングが合わない=やめとけのサインと捉えることだ。

確かに、タイミングが合わないことを無理やり進めても、あまり良い結果にならないし、「骨折り損のくたびれもうけ」になりやすい。

例えば、あなたが学生時代の友人と会いたいとする。

そこで友人に連絡を取ると、どうしても都合が折り合わない。いろいろやり取りするけど、結局話が流れてしまう。

無理やり話を合わそうとすると、どこか無理が出てきて、最後には友人との関係が気まずくなってしまう。

こんな感じで、タイミングが悪いときは、頑張っているには頑張っているが、どこかでずれが生じて全然上手くいかない。

ということは、タイミングが合わないことは、無理をして続ける必要がないことなのかもしれない。

タイミングが合わないのは縁がない。だからさっさと諦めよう。このくらいのスタンスでいる方がいいのかもしれない。

タイミングが合うということ

では逆にタイミングがいい場合はどうか?

タイミングがいいときは、不思議なくらい何もかもがスムーズにいく。

何か障害が起こっても、スイスイと物事が上手くいく。タイミングが悪いと問題が起こりまくりなのに、タイミングが良いと自然に上手くいってしまう。

そのことを考えると、タイミングが合う=縁があるということで、そちらへ進みなさいというサインなのかもしれない。

出会いにしても仕事にしても、人生はほんのちょっとのタイミングの良し悪しが、運命の明暗を分ける。

となれば、タイミングが合うということは、それだけ重要なことなのだと思う。

人生で縁があるからタイミングが合う。そちらへ進むのが正しいから、タイミングが見事に合う。そんな感じがする。

まぁ確かに人生、縁があるものはタイミングが絶妙だ。何の苦労もなく、スムーズにことが運ぶ。おまけに結果もいい。

となると、やっぱり、タイミングが合わないことは、さっさと諦めてしまうのが一番なのかもしれない。

最後に

人生は縁。縁はタイミングで決まる。

人でも仕事でも、本当に望むことは、絶妙なタイミングと不思議な縁によって決まる。

そこには努力とか意志とか、そういう人知を超えたものがあるような気がしてならない。

それを考えると、タイミングが合う合わないという問題は、方向性を見極める上で、とても大切なサインだと思う。

なぜかタイミングが合わない。スムーズにいかない。そういうことは執着せずに諦めてしまう。

でも、なぜかタイミングが合って縁ができる。そういうものは、恐れず迷わず進んでいく。そんなふうにしていれば、人生自然と上手くいく。

人生、意志だけではどうにもならないことが多いが、タイミングが合っているか、それともズレてしまっているか。

そこを意識することで、縁がないものを無理に追わなくて済むし、自然な流れで生きていくことができる。

それによってきっと、本来やってくるべきベストな縁が、タイミングよく引き寄せられるはずだ。

あわせて読みたい

不要な縁に執着しない。それが新しいご縁を引き寄せる秘訣

直感を大切にすれば必要なご縁はやって来る

「出会いたい!」と思ったときが出会いのベストタイミング