目的

目的

人生を変えるのは行動。しかし不安から行動しても

人生自分から行動しなければ現実は変わらない。しかし、行動には良い行動と悪い行動がある。それを見分けるポイントがこちら。
目的

生きるに値する人生を生きる。それがこの世に生まれた意味

何のために自分という人生を生きるのか。それは、自分がこの世を生きるに値する人生を生きるため。自分にとって一番正しい道は、自分が一番知っている。その道を進むことによって、自分という人生を生きる、本当の意味を見つけることができる。
目的

自分の進むべき道がわからなくなったときは子ども時代を振り返る

自分の進むべき道がわからなくなったときは原点に戻ることが大切。自分が何者であるのかを思い出せば、進むべき道も見つけられる。
目的

それなりの人生でも納得することはできる。ただしそれなりの人生に満足できないのであれば

人生大切なのは後悔するかしないか。それなりの人生で満足できるならそれは一つの成功。でも満足できないなら、もしかしたら人生を変えるときなのかもしれない。
目的

最終的に人生は行きつくべき場所へ行きつくようになっている件

人生突如としてやってくるどん底の時期。筆者の人生のどん底を振り返って分かったこと気づいたことがこちら。人生は「行き着く場所にたどり着く」
目的

結局人生はなるようになる。目的を探さなくてもいつかは見つかる

人生の目的は考えなくていい。なるようになった人生、それこそが目的だから。
目的

上昇志向か、細々と生きていくか。どちらにしても人生で本当に大切なことは

上昇志向で成功を目指すにしても、ゆるーく細々と生きるにしても、何にしても自分の人生を大切にすること。そこに人生の真の価値がある。
目的

生きる目的を見つけたいという欲求

なぜ生きるのか。 私たちは生きる目的を必要としている。 「私の人生はこのためにあった」 人生どんなことがあっても、それに理由があれば耐えられる。どんな理不尽なことも、理由をつけることによって、耐えることができる。 ...
目的

生き方が分からなくなったとき=人生を見つめなおすとき

このときが人生の転機に?人生、行く末が分からなくなったとき、自分の生き方を見失ったときに考えたいことがこちら。
目的

人生の意味は「与えられた問い」に答えることで見つかる

「自分の人生は何のためにあるのか?」というあなたへ。人生は起こる出来事を通じて、その意味を問いかけてくる。それに答えることで、自分の人生を生きる意味が見つかる。