人生の意味は「与えられた問い」に答えることで見つかる

考える美女

ユングは「人生は個性化のプロセスだ」と言っているが、私も彼の考え方に賛同している。

「個性化のプロセス」とは、私達が地上に産み落とされたときひとりひとりに「問い」が与えられ、それに対する「答え」を見つけていくということだ。

エレイン・N・アーロン

生きる目的、そんな大げさなことを考えなくても、人はそれぞれ「何か」を背負っている。

それは家族から与えられた「業」のようなものであったり、劣等感であったり、社会的な使命であったり、様々なものだ。

自分が過ごした環境、生まれつき持っているもの、これらが、人の生き方に大きな影響を与える道標になることは珍しくない。

スポンサーリンク

適応できない環境で自分を適応させる試み

ここに一人の青年がいるとする。

彼は生まれつき体が弱く、少しの運動でも疲れてしまう。刺激に弱く、賑やかなところ、人の多いところにいると、すぐに疲れてしまい、体が持たない。

そんな状態なので、毎日10時間も労働する一般のサラリーマンは勤まらない。

人のたくさんいる場所で、刺激にさらされながらの生活は、この青年の本性的に不可能な生活である。

彼は一般の競争社会では生きていけない。競争に勝てなくて、アリのように踏み潰されてしまう。そのことは彼自身が、痛いほどよく分かっている。

「自分を受け入れる」ということ

では、彼はどうやって生きていけばいいか?

青年は考える。生きていくにはお金がいる。仕事がいる。住む場所がいる。これらの現実的な問題が、彼の前に立ちはだかる。

しかし、何とか現実と折り合いをつけ、自分のできる仕事を探していみる。

幾多の挫折の末、自分のできるととできないことを、はっきり区別できるようになっていく。

そして彼は、最後に自分が生きていく場所を発見し、自分らしい生き方を見つける。こうして、一つのめでたしめでたしを迎える。

関連記事:なるようにしてなった。人はそれを運命と言う

生きていくなかで見えてくること

障害や困難が、自分の道を見つけるきっかけや、天職へと続く道へつながる。

何らかの困難や苦しみに向かううちに、自分の中に疑問が芽生える。その答えを見つけるうちに、自分の道へと続いていく。人生はこのような不思議なことがある。

つまり、「どのように生きればいいか?」という疑問に対する答えを、自分なりに追い求めていくことそれ自体が、生きる意味そのものなのである。

人生を生き、悩む。苦しむ。そして気づく。「そうか、自分が生きる道は、ここにあるのだ」と。

答えは必ず見つけることができる

人生は最初から、「あなたの人生の答えはこうです!」というような直球の答えを教えてくれはしない。

しかし、人生で経験する様々な疑問とそれに対する探求を通じ、「コレだ!」という人生観を身につけていく。

そのなかで、「これが自分の生き方かもしれない」という答えを見出していく。それこそが人生である。

「あなたの人生は○○ですよ」というように、誰かのお墨付きを得られれば、安心できるかもしれない。

しかしその答えは、結局自分で見つけるしかない。なぜなら答えは、自分に与えられた「問い」に答えようとする過程で見つかるものだからだ。

最後に

自分の生まれ、環境、持っているものを探し、自分が経験してきたことを振り返ってみる。

すると、ある一定のテーマが繰り返し人生の中で表現されていることに気がつく。そのテーマこそ、自分というの人生の物語であり、生きる意味なのだ。

それに気づくことは難しいことではない。ただ、人生で「与えられた問い」に答えていくだけでいい。

それこそがまさに自分の人生。生きる意味なのである。

参考文献

ヴィクトール・フランクル『それでも人生にイエスと言う』

諸富祥彦『人生に意味はあるか』

あわせて読みたい

人生に意味を見出す魔法の言葉

「人生は螺旋階段」という例えの意味

夢を追う意味。それは自分の魂との約束を果たすこと