処世の名言集

世の中を生き抜く上で行動の指針となる名言を掲載しているカテゴリです。より賢く、力強くこの世の中を生き抜いていく。そのためにこちらの言葉はおすすめです。

処世

人生が炎上しない「丸く尖る」すすめ

発言をする時は、いろんな立場を想像して俯瞰(ふかん)する。誰も傷つけない。誰も挑発してない。けれど、埋もれるような内容ではなく尖っている。 「丸く尖る」を意識して発信できるようになってからは、大手クライアントからもお仕事を頂けるよ...
処世

自分のアラは探さない。そして人のアラも探さない。

失敗者の特徴は自分の欠点を山ほど発見できるうえに他人の欠点は10倍、発見できる。 斉藤一人 世の中で人から嫌われ、距離を置かれる人の特徴。それがアラ探し。 いちいち頼んでもいないのに、「あなたはここがダメですね」とアラを指...
処世

自分の頭で考える。だから人にだまされ利用されない

一面的にモノを見るな。多面的にモノを見ろ。 遠藤周作 この浮世を生きていく上で大切なのが、 「自分は何があっても、これを大切にしていくんだ」 という信念である。 信念があるからこそ、人生何が起こっても自分のなか...
処世

辛い努力が絶望的なほど報われない理由

成功することは苦労ではないんだよ。 楽しいんだよ。ワクワクするんだよ。朝から晩までやってても、楽しくてしょうがない。それが、もし、苦しくなってきたんだとしたら、何かが間違ってるんだ。 本来、仕事というのは、年々、楽しくて、年...
処世

本当の意味で「安定した人生」を送る考え方

立ち止まることは最大のリスク。 現状維持でいい。そう思った途端、進歩は止まる。外の世界では、絶え間ない進化と発展が続いている。 何もせずに同じところにとどまっているのは、じつは最大のリスクなのである。 柳井正 人生で...
処世

自分の分をわきまえることは大切。しかしそれによって

井戸の中のかえるは大海を知らないということわざがあったようだが、大事なことは、このかえるが大海を知る可能性がないにしても、井戸の中にいる自分を、井戸の外から眺めることさえ出来れば、用はいくらか足りるような気もする。 白洲次郎 井...
処世

人生勝ちすぎ注意。勝ちすぎればいつかどこかで不幸を招く

人間は、四十歳までは勝とうと心がけるがよい。 四十歳を超したら、負けまいと心がけるべきだ。ただし、二十代でもあまり勝ちすぎるのはよくない。 勝軍は、五分を上とし、七分を中とし、十分を以て下とする。五分は励みを生じ、七分は怠り...
処世

嫌なことはさっさと忘れて次に進む。その先に楽しいことが待っているから

旅先で見た犬のウンコは忘れなさい。 斉藤一人 控えめに言っても人生は本当にいろいろある。 良いこともあるし、思い出すのも不愉快なくらい、嫌なことだって経験する。 だからこそ日々心に刻み、実践したいことが一つある。それ...
処世

相手が誰であれ言いたいことは必ず言う。その必要があるならば

相手がどんなにでかくても、泣き寝入りしないで、間違っていることは間違っているって言いたいんだよ、俺は。 赤松徳郎 この世は弱肉強食。 強い者が得をして弱い者が損をする。それこそがまさに社会であり、世の中である。 この...
処世

確かにはっきり自分の意見は言えたほうがいい。ただしこれを忘れると

私はシャイで気の弱い自分を変えたいと思っているが、だからといって、恥知らずな人間にはなりたくない。 謙虚な気持ちを忘れて「俺が、俺が」とアピールする、自己顕示欲のかたまりのような人間になるよりは、このままシャイな人間でいたほうがマ...