人生論

全般

「不幸は平等に訪れる」本当の意味

「不幸は誰の身にも平等に訪れる」という話の本当の意味。この話を読めば、人生恵まれている人が本当に幸せなのか。新しい見方ができる。
ヒント

手に入らないものは手に入らない。そこで大切なのは執着より柔軟性

長い人生損しないために覚えておきたい法則。それがこちら。「人生において必要なものは手に入るが、必要がないものは手に入らない」
在り方

「~しかない」この考えが精神的に自分を追い詰める元凶

人生で自分を精神的に追い詰めないための大切な考え方。人生「~しかない」ということはない。自分が気づきさえすれば、常に代替案はそこにある。
ヒント

人生先が見えないときに意識したいただ一つのこと

人生先がみえず、まるできりのなかにいるかのよう。そんなときに大切なのは希望の未来を描くことではない。ただ自分の足元をしっかり見て、一歩一歩着実に、前へ進んでいくことである。
全般

「人生は螺旋階段」という例えの意味

人生何も変わらないように見えたとしても、変化は着実に起こっている。焦らずにただ、今自分ができることを続けていけばいい。
暮らし

引っ越してから不運が続く。原因は土地との相性?

土地には合う・合わないの相性がある話。土地との相性は人生のQOLアップのために軽視できない重要な問題。納得いく人生を生きるために、住む場所は相性の良い土地を選ぶ。
ヒント

人生目の前のことは大切。でも目の前のことだけ見ていると

人生で大切なのは目の前のことを真剣に取り組みつつ、同時に長い目で人生を考えること。今すぐ結果が出ることを求めていても、本当に価値がある人生を送ることはできない。
ヒント

良くなる前に悪くなる。人生における好転反応とは

長い人生を生きていく上で知っておきたい好転反応の話。人生が良くなる前には悪くなる。それを知れば何があっても大丈夫。未来を信じることができる。
ヒント

変化が来たら抗わない。これが人生の転機を乗り越えるコツ

人生には転機がある。それは自分の意志では抗うことができない、外部からの変化によってもたらされる。だからこそ人生で逆らえない変化が起こったら。それは決して無意味ではない。逆らわず、受け入れることで道が開ける。
在り方

どんな時代も最強の人。それが「しぶとい人」

不安定な人生を生きていく上でもっとも価値がある能力。それがしぶとさ。才能や運があればあったにこしたことはない。しかしそれ以上に重要なのが「しぶとさ」。その理由がこちら。