全般

「不幸は平等に訪れる」本当の意味

「不幸は誰の身にも平等に訪れる」という話の本当の意味。この話を読めば、人生恵まれている人が本当に幸せなのか。新しい見方ができる。
ヒント

手に入らないものは手に入らない。そこで大切なのは執着より柔軟性

長い人生損しないために覚えておきたい法則。それがこちら。「人生において必要なものは手に入るが、必要がないものは手に入らない」
信念

人生は自分自身で切り開く。自分のレールは自分で敷く。

この世の中で本当の安定を得る方法。それはクビにならない仕事を得ることでも、たくさんのお金を持つことでもない。何があろうと自分の人生を自分自身で切り開く気概を持つ。それこそが本当の安定を手にする道である。
男女関係

答えが出ない恋愛に苦しむとき、今すぐ答えを出す必要はない

好きだけで付き合えない。一緒になることができない。そんな不幸な恋愛で苦しむあなたへの処方箋がこちら。
逆境

人事を尽くして時節を待つ。これがすべての逆境を跳ね返すコツ

山あり谷ありの人生を乗り越えていくために心に刻んでおきたい本多静六博士の名言。人生思い通りにならないかもしれないが、どんな悪いことも不運なことも、いつか必ず、終了する。
在り方

「~しかない」この考えが精神的に自分を追い詰める元凶

人生で自分を精神的に追い詰めないための大切な考え方。人生「~しかない」ということはない。自分が気づきさえすれば、常に代替案はそこにある。
一般論

性格は顔で分かる。特にヤバい人相の特徴3つ

人生で知っておくと役に立つ人相学の話。関わるとヤバい人の人相の特徴がこの3つ。
逆境

春が来たら花は咲く。だから決して焦らないこと

人生焦らず時節を待つ。人生の冬を過ごしているときに心に刻みたい言葉がこちら。
ヒント

人生先が見えないときに意識したいただ一つのこと

人生先がみえず、まるできりのなかにいるかのよう。そんなときに大切なのは希望の未来を描くことではない。ただ自分の足元をしっかり見て、一歩一歩着実に、前へ進んでいくことである。
一般論

この人はなんとなくヤバい。その違和感は99%正しい話

人間関係で痛手を被らないために大切にしたい違和感というサイン。自分が感じた違和感が教えてくれることがこちら。