人生

自分の人生を生きる。それはすなわち「自分の尺度」を持つこと

「自分の人生」 それは私たちがそれぞれ課せられているテーマ。 結局自分の人生は自分で考えるほかなく、24時間365日、自分の人生と向き合うのは他ならぬ自分である。 ここで単純に誰かや世間の基準を自分の人生にあてはめ...
ヒント

人生には新陳代謝が起こる時期がある。そのときに大切なこと

人生には面白いことに、それまで築いてきたものが、連続して失われていく時期がある。 仕事や人間関係。健康。ある時期を境に、今まで「持っていたもの」「あったもの」が失われていく。それは外面的な現象だけ見れば、「マイナス」の出来事の...
ヒント

人生は成長と衰退の繰り返し。何かを失ってもそれは決して

一つの終わりは新しい始まり。 私たちの人生は一定のサイクルのなかで、成長と衰退を繰り返していく。成長と衰退の過程において、築き上げてきたものがいともかんたんに崩れていくという悲劇的な現象も起こりうる。だがそれは決して悲劇ではな...
ヒント

できないことは秒速であきらめる。それによって

「石の上にも三年」 「継続は力なり」 「忍耐が結局は成功につながる」 これらの言葉はまったく、正しい。 一定期間我慢し耐える。それによって何かを得たり、身につける。その意味や価値を否定するつもりはまったくない...
ヒント

性格は変えられない。変えられぬものなればこそ

物事には必ず、良い面と悪い面がある。 だから、「私は自分の○○という性格を変えたいんです」という悩みに対する正しいアンサーはとてもシンプルである。 「あなたは性格を変える必要はありません。ただし、その性格の悪い面ではなく...
人生

「もしあのとき、○○でなかったら」人生はそんな偶然に左右されている。

「もし、私があの時、叔母たちの奨める縁談を拒絶したい気持ちがなかったなら」「もし私が、父を憎み亡母を思慕する気持ちがなかったなら」私はこの妻との結婚はもちろん、交際もしていなかったであろう。 同じように妻も「もしその助手に黙殺され...
成功

最終的に人生がうまくいく人=めげずに「試し続ける」人。

ビジネスの世界の成功者に限らず、人生が最終的にうまくいく人というのは、いろいろなことを「めげずに試し続ける人」だと思います。 めげずにというのは、何の根拠もなく楽天的に考えることではなく、「勝つことがあれば、負けることもある。だけ...
在り方

もし「生きる意味」があるならば、それはこの言葉に凝縮できる。

人生で何を手に入れたか。何を成し遂げたか。 「結果」は確かに価値があるが、それよりもっと大切なことがある。それは、「結果」を手に入れるまでの「過程」であり、「体験」である。 結局のところこの世界とは、私たちがそれぞれの人...
人生

目の前の現実がどうであれ「今ここ」にある小さな事柄に幸せを見出す。これこそが本当の意味での

目標を達成しさえすれば人生はすばらしいという考えは、必ずしも正しくない。やみくもに突き進むだけで、その過程にある日々の小さな喜びを感じられなくなった者は、決して幸福になれないのである。 オリバー・カーン(『オリバー・カーン自伝』)...
ヒント

自分の人生を信じて時を「待つ」。この心構えこそが

人生は晴れの日があれば雨の日もある。 日々上を見上げれば空は曇り、雨がしとしとと降り続く。そして、なかなか太陽の明るい日差しを拝むことができない。 こういったとき、私たちは「明日はきっと良い日になる」という希望を、持ち続...