ヒント

悪いことが続く時期に必要なのは消極性。積極的に問題を解決しようとするのではなく

人生には本当に不思議な話だが、悪いことは連続してやってくる。 仕事で深刻な問題が発生したかと思えば、次は人間関係の問題が。そこで済めばいいものを、次は自分自身の病気が発覚し、強制休養状態を余儀なくされる。 実際問題、いく...
ヒント

なぜフラれたときにすぐに新しい人と付き合わないほうがいいのか?

人生では、自分から積極的に行動を起こすことや、大きな決断をすることをしてはいけないときがある。その代表が自己評価、すなわちセルフイメージが下がっているときである。 セルフイメージが高まっているとき、気分は好調で自分を信じて積極...
仕事

仕事をする。その本質は仕事をすることを通じて

しばしば誤解されますが、「仕事」そのものには、価値などありません。仕事そのものが価値を持っているのではなく、その仕事をすることを通じて、自分自身が価値を発揮するのです。 飯田史彦、『ソウルメイト』より 当たり前の話だが、ごく一部...
ヒント

人生には、「得る」より「捨てる」ことが重要なタイミングがある。

「何のために」 人生を考える上で最も重要なのは「目的」を間違えないことである。 お金があっても目的を間違えれば不幸になる。社会的に成功しても、目的を間違えれば日々「何かが違う・・・」という漠然とした不納得感や満たされなさ...
人生

人生において本当の意味で危険なタイミング。それは不運続きの時ではなく

築き上げることは、多年の長く骨の折れる仕事である。破壊することは、たった一日の思慮なき行為で足る。 チャーチル 人生で大きな悲劇が起こるとき。それは不調のときではなく、むしろ好調のときにこそ「原因」が作られている。 人生が...
人生

人生1にも2にも、そして3にもタイミング。

散る花を追うことなかれ、出ずる月を待つべしじゃ。 本多静六、『私の財産告白』より 人生はタイミングである。そこを間違えさえしなければ、実力努力その他+アルファは、おまけとまで言える。 タイミングが合えば物事は驚くほどうまく...
ヒント

人生で起こる問題は必ず乗り越えることができる。なぜならそれは自分自身で

「自分の人生で起こることは、自分が予め計画した出来事である。なぜなら私たちの人生の本当の目的とは自分自身の心の成長であり、問題が生じ、それを克服することによって成長することができるからである」 これは『生きがいの創造』という有...
人生

今そこにある現実がどうであれ、私たちは「泥の中でも咲く花」になれる。

望まぬ運命が不幸とはかぎりませぬ。望みすぎて不幸になった者たちを、多く見て参りました。得たもののかわりに何を失ったのかも分からずに、ずっと欲に振り回され。私は、泥の中でも咲く花になりとうございます。 平時子(TVアニメ『平家物語』...
ヒント

遠くではなく足元を見つめ、少しずつ前へ進む。それが人生という長い旅路の歩み方

一歩一歩前へ進む。それも、「自分のペース」で。長い人生、この心構えを維持することはとても大切である。 私たちはそれぞれ、「自分の人生」という課題に取り組んでいる。自分の人生は「他の誰かの人生」ではない。 そのため、自分の...
信念

【大器晩成】蒔いてきた種はやがて芽を出し始める。大切なのは

大器は晩成でしかないのです。コツコツと愚直に努力を積み重ねる。誰よりも長く継続する。そうする事でしか大器は完成しないのです。 自分は他人よりも遅い、なかなか芽が出ないと悩んでいるあなた。それは弱点ではありません。あなたの取り柄です...