人生論

確かに縁には寿命がある。ただし切れた縁が示すのは

人生、それは出会いによって織りなされる物語である。 誰一人として「自分だけの力」で生きていくことはできない。私たちは、誰かとつながり、生きている。人との「縁」によって私たちは生かされている。縁によって様々な物語が生まれ、人生が彩られて...
処世

「私はみんなに好かれなくても大丈夫」このシンプルな覚悟によって

"お客様は神様"という時代ではない、と私は言っているんです。神様の中には、貧乏神や疫病神もいますから。 すべてのお客様に納得していただこうと思えば、相手の言いなりになるしかありません。その結果、貧乏神が巣くい、疫病神に取りつかれ、...
ヒント

「去年は良くない1年だった」それは決して悲報ではなく

「人生には良いときがあれば悪いときもある」 この言葉は実に使い古された、ありきたりの表現である。しかし、まごうことのない真実である。 人生において長過ぎる春を満喫し続けた人はその晩年で寒く、そして長い冬を迎える。心安らぐ...
人生

今したいことをする。欲しいものを求める。こうした欲求は最終的に人生の

自己浪費は、ときに自分が無価値であることをごまかす方法である。それによって、われわれは、浪費に値するものがあるかのように見せかけることができる。 エリック・ホッファー、『魂の錬金術』より 昔の偉い人はこう言った。「部屋で静かにじ...
ヒント

「○○が欲しい」は自然な欲求。何かを求めることで私たちは

欲望とは、生きる意欲を刺激するエネルギーである。 何歳になっても、 「○○したい」 「○○が欲しい」 という欲を感じたなら。その欲を否定しないことである。そして同時に、「○○がない」という状況を否定的に捉えな...
在り方

人生可能な限り摩擦は少ないほうがいい。そこで発揮するのが「スルー力」

世の中は多種多様。様々な立場の人が、様々な考え方を持ち、日々それぞれの存在を主張する場所である。 違いがあれば当然、摩擦が起こる。私たちにとって自然なことも誰かにとっては不自然であり、私たちの行動や考え方がすべての人に理解され...
ヒント

時によって消極的になるのは吉。積極的に動かない方がいい時期もあるから

人生には本当に不思議な話だが、悪いことは連続してやってくる。 仕事で深刻な問題が発生したかと思えば、次は人間関係の問題が。そこで済めばいいものを、次は自分自身の病気が発覚し、強制的に「ストップ」状態を余儀なくされる。 実...
ヒント

なぜフラれたときにすぐに新しい人と付き合わないほうがいいのか?

人生では、自分から積極的に行動を起こすことや、大きな決断をすることをしてはいけないときがある。その代表が自己評価、すなわちセルフイメージが下がっているときである。 セルフイメージが高まっているとき、気分は好調で自分を信じて積極...
仕事

仕事をする。その本質は仕事をすることを通じて

しばしば誤解されますが、「仕事」そのものには、価値などありません。仕事そのものが価値を持っているのではなく、その仕事をすることを通じて、自分自身が価値を発揮するのです。 飯田史彦、『ソウルメイト』より 当たり前の話だが、ごく一部...
ヒント

人生には、「得る」より「捨てる」ことが重要なタイミングがある。

「何のために」 人生を考える上で最も重要なのは「目的」を間違えないことである。 お金があっても目的を間違えれば不幸になる。社会的に成功しても、目的を間違えれば日々「何かが違う・・・」という漠然とした不納得感や満たされなさ...