ヒント

自分自身のなかにある最も信頼できるもの

近頃、「直感」を信頼することの大切さを強く感じている。 直感は個人の感覚である。そこには科学的・客観的な根拠がない。それは「◯◯と感じたから」という、漠然とした感覚である。にも関わらず直感が感じたことが「結果として」間違っていないことがあま...
在り方

人は誰でも動かされうる。大切なことはその仕組みを知ること

「自分の人生」における主体は自分である。 だが自分という存在は必ずしも強くなく、つねに「私は私が考えているとおりの人間です」となれるわけではない。ときに誰かの考えによっていともかんたんに、人は誰かの影響を受けてしまう。 それによって私たちは...
ヒント

「きっと良くなる」と信じることはただの気休めではない。なぜならそれは実際に

「物事は一定の段階に到達した瞬間、反対の方向へと進んでいく」という法則がある。 たとえば人生には「良くなる前に悪くなる」というお約束の現象がある。それは人生が「悪くなっていく」流れがその極限まで到達した段階でついにその流れは反転し、そこから...
世の中

正義が正義であるために必ず必要なもの

人はだれの審判者にもなりえぬことを、特に心に留めておくがよい。なぜなら当の審判者自身が、自分も目の前に立っている者と同じく罪人であり、目の前に立っている者の罪に対してだれよりも責任があるということを自覚せぬかぎり、この地上には罪人を裁く者は...
運の話

「今日は運が・・・」そんなときの損切りのすすめ

良い日は良くて悪い日は悪い。 どう能書きをつけようが、事実として運が良くない日はある。「今日はどうやら、あまり運が・・・」という日が訪れたとき最も重要なことは、主体的な行動によって今すぐ運勢を回復させようとすることではない。むしろその逆であ...
信念

自らの意思を態度で示す。それによって人生、そして運命は

幸せなら手をたたこう 幸せなら手をたたこう 幸せなら態度でしめそうよ ほら みんなで手をたたこう 坂本九 自分自身の意思を態度で示すこと。それは私たち自身が自らの運命に影響を及ぼすための重要なアクションである。 「私は◯◯であると考えていま...
お金

お金それ自体では人生の質を測ることはできない。お金はそれを用いることで

人生の質は、年収や資産の額で測られるものではなく、「世の中への貢献度」で決まります。科学的には証明できない不思議な現象なのですが、使命を実行すると、まだ達成する前に、支援と感謝が向こうからやってきます。 及川幸久 個人的な考えだが、お金はな...
信念

人生は変わる。未来はつねに変更の余地があるから

私たちの過去は変えられませんが、未来はまだ起きていないので、変更の余地がいくらでもあります。 及川幸久 人生はいつでも、これからでも、変えていくことができる。 今という現実に目を向けたとき、そこにあるのは暗闇しかないかもしれない。探しても探...

なぜ、欲しいものは苦労して手に入れた方がいいのか?

お金も人間関係も仕事も、労せず手に入れたものは、またすぐに失います。一時の幸運を手に入れることがあったとしても、長続きしないということを、私はこれまでの人生で痛いほど学んできました。 時間をかけて丁寧に紡いだ運の糸はそう簡単に切れることはあ...
人生

人生で起こる「問題」が教えてくれること

とにかく生きているんじゃないか、幻想の中でじゃなく、現実に生きているんだ。なぜなら、苦悩こそ人生にほかならないからね。苦悩がなかったら、たとえどんな喜びがあろうと、すべては一つの無限なお祈りと化してしまうだろう。それは清らかではあるけど、い...