在り方

もし「生きる意味」があるならば、それはこの言葉に凝縮できる。

人生で何を手に入れたか。何を成し遂げたか。 「結果」は確かに価値があるが、それよりもっと大切なことがある。それは、「結果」を手に入れるまでの「過程」であり、「体験」である。 結局のところこの世界は、私たちがそれぞれ、必要...
人生

目の前の現実がどうであれ「今ここ」にある小さな事柄に幸せを見出す。これこそが本当の意味での

目標を達成しさえすれば人生はすばらしいという考えは、必ずしも正しくない。やみくもに突き進むだけで、その過程にある日々の小さな喜びを感じられなくなった者は、決して幸福になれないのである。 オリバー・カーン(『オリバー・カーン自伝』)...
ヒント

自分の人生を信じて時を「待つ」。この心構えこそが

人生は晴れの日があれば雨の日もある。 日々上を見上げれば空は曇り、雨がしとしとと降り続く。そして、なかなか太陽の明るい日差しを拝むことができない。 こういったとき、私たちは「明日はきっと良い日になる」という希望を、持ち続...
人生論

何が起こっても自分の人生を信頼する。それこそが「災い転じて福となす」ために必要なこと

人生は長い。生きている間には、ほんとうに、いろんなことが起こる。 いくら自己啓発をしてポジティブに生きようと思っても。「良いことだけ」起こることを期待しても。予想していないことは起こる。 そこで大切なのは心構えである。「...
ヒント

自分を変えることはできる。そのために必要なものはすぐそこに

結局のところ、本当の意味で自分を変えることができるのは、自分だけである。 そこで必要なものはとてもシンプルだ。「私は絶対に変わる!」という、自分の決意。ただ、それだけである。 はじめに 人はかんたんには変わらない。しかし変...
幸福

Aが良くてBが悪い。この「比較思考」こそが幸福を遠ざける根本原因

新しいものを得るためには、なにかを諦める必要がある。その新しいものは、あなたの心の中にずっと、子供の頃から眠っていたものである。 まずは、それを思い出し、心の中から取り出して、このリアルの世界で具体化する、それが「作る」という行為...
人間関係

「好き」の反対は「嫌い」ではないという話は真実。

昔々の話だが、教育関係の仕事をしている方からこんな話を聞いたことがある。 その方が言うには、子ども同士の人間関係を見ていると、表面的には「嫌いあっている」子ども同士でもそれは必ずしもそうではなく、場合によってはその後仲良くなる...
成功

誰にも知られず努力をひたすら継続していく。それが99%の人にとっての

一夜明ければ成功者、などという話は転がっていないものだと理解するところから始めよう。 名声と幸運が一気に手に入ることもあるかもしれないが、たいていはその前に、長い、困難な、誰にも感謝されない厳しい努力と献身の道のりが待っている。 ...
ヒント

人生に光が差す「心的態度」の話

人生は長い。良いときがあれば悪いときもある。 大切なのは悪いときの過ごし方。そして意識の持ち方である。人生で不定期に訪れる悪い時期に、「どうせ私は○○なんだ」と自分のためにならない心的態度を持ち続けるなら。悪い時期は悪い時期の...
成功

最高の人生は「今ここ」から踏み出し続ける小さな一歩によって実現できる

「大いなる自分」というものは、本当に小さな毎日の働きを、着実に積み上げていった先にしか存在しないのです。 誇大なイメージに駆り立てられて、一足飛びにそうした自分に到達するような人は一人もいないのです。どんな偉大なことを成し遂げた人...