人生で悪いことが続く本当の理由

頭を抱える女性

人生ときに、なぜか悪いことが連続して起こるときがある。

トラブルが続き、ツイてないことが続く。何をしても上手くいかず、状況がどんどん悪くなってしまう。

そういうときは「何か悪いものに憑かれているのでは?」と心配になるが、一体どういうことなのか?

そこでこの記事では、悪いことやトラブルが続くとき、それをどう捉えてどう今後の人生に役立てていけばいいかを考えていきたい。

なぜ人生で悪いことが続くのか?

まずはじめに知っておきたいのは、

悪いことが続く=「その道はダメだよ、間違った方へ進んでいるよ」というサイン

である可能性が高いということだ。

そのため、トラブルが続いたり、悪いことが続いたときに真っ先にしたいのは、

「何に気づく必要があるのか?」

「何を変える必要があるのか?」

を真剣に気づこうとすることだ。

例えば、筆者は一時期、お金を散財していた時期があった。恋人もおらず、寂しさを紛らわすため、結構派手にお金を使い遊んでいた。

ところが、そんな生活をしていると、体調を崩したり、仕事が上手くいかなくなったり、挙句遊んだ店でトラブルになったり、いろいろ悪いことが重なった。

そこに来てようやく筆者は「自分が間違った方向に進んでいる」ということを認めざるを得なくなった。

このように、悪いことが続くというのは、人生の間違いを正す必要ためのサインであり、重要な人生の気づきである可能性が高い。

人生起こることに何一つムダはない。

悪いことが続くことによって、否応なしに、自らの暮らしを反省させられる。そうして必要を学び、改めれば、不運は幸運へ変わっていく。

関連記事:人生ことあるごとにつまづいてしまう。これは不幸なことではなくむしろ

なぜそれが自分の身に降り掛かったのか?

不運が連続してやってきたときに大切なのは、まず起こっていることを冷静に受け止めることである。

次から次へと「ツイてない」ことがやってくる。問題は、「なぜ」それが自分の身に降り掛かってきたのか、ということだ。

確かにそれは一見、「ツイてない」ことのように思えるかもしれない。

しかし、その「ツイてない」ことの裏側にある何かに気づくことができれば、そこからあなたの人生は激変する。

この意味で、人生で起こること一つ一つ、決して無駄はない。

例えそれが無意味にように思えることだったとしても、ただ面倒で「ツイてない」ことのように思えたとしても、何かが起こるには、それ相応の理由がある。

だからあなたの人生において、あまりにも不運が続いているときは人生があなたにこう問いかけている。

「あなたには気づくべき何かがあります」

と。

トラブルが続く本当の理由

それで結局何が言いたいのかというと、どんな不運が起こっていても、悪いことが続いても、それは必ずしもあなたにとっての悪運ではない、ということだ。

起こることには理由がある。大切なのは、そこから学ぶべきことに気づき、学び、それを今後の人生に生かしていくということだ。

人は完全ではない。ときに間違った方向へ進んでしまうこともある。そういうとき不運やトラブルは、あなたに「そっちへ進んではいけません!」と警告してくれる。

それは強制的な形になることが多いので、多少きついところがあるかもしれない。しかし、真剣に考える価値はある。

どちらにしろ、警告を無視していると、トラブルはどんどん大きくなっていき、最後には嫌でも気づかざるを得ないことになる。

だからできれば、トラブルが小さいうちに、「なぜ悪いことが続くのだろう?」とその意味を考え、必要な気づきを得たい。

気づくことに気づき、変えるべきことを変えれば、トラブルはウソのように消えていく。

このように、悪いことが続くというのは「行動の修正が必要である」という人生からのサインなのだ。

その本質さえ理解できれば、今何が起こっていようと、心配する必要はない。すべきなのはただ一つ。

「今進んでいる方向は間違っている。行動を修正せよ」

そのメッセージに気がつくことだ。

関連記事:起こったことはもう仕方ない。最善を尽くせば最後には帳尻が合う

最後に

トラブルが続いてどうにも悪いことばかり起こってしまう。そんなときは誰でも嫌になる。

しかし、決して忘れてはいけないのが、日々起こるトラブルはあなたを苦しめるためにやってくるのではない、ということだ。

なぜ悪いことが続くのか、自分の行動に間違ったところはないか。

自分の行動を振り返り、本当に今のままでいいのか、このままでいいのかを考えてみる。正直に自分と向き合うと、きっといろんな心当たりがあるはずだ。

そして、「こうした方がいいのかもしれない」という答えが見つかるはずだ。

この意味で、悪いことが続くときは自分をより良く変えるためのチャンス。自分の身に起こることは全て必要なことであり、気づきのチャンスである。

だから悪いことが続いても、決して慌てる必要はない。

悪いことが続くことで、自分に何を教えようとしているのか。今の人生、何を変える必要があるのか。ただそれに気づけばいい。

それはきっと見つかる。そしてそれが、人生を変えるチャンスとなるのだ。

あわせて読みたい

人生でツイてないことが続くときはこう考える

不安なら不安で大丈夫。暗闇の先に本当の光が見えるから

人生普通に生きていても逆風は必ず吹く