この人は絶対に失いたくない。だからコミュニケーションを欠かさない

どんな大切な関係でも、相手のことを「分かった」気になってしまえば破綻のカウントダウンがスタート。大切な人間関係ほど、コミュニケーションを欠かしてはいけない。

苦しい恋ほど燃え上がる。そしてその苦しみが消えたとき

なぜ苦しい恋ほど熱く燃えあがってしまうのか?誰かを好きになったときに思い出したい恋の原則がこちら。

今の彼女と結婚していいのか。問題はこの覚悟があるかどうか

今の彼女と結婚していいかどうか迷っている男性のあなたにおすすめの言葉がこちら。結婚とは覚悟。家族に対する責任を背負えるかどうか。その覚悟があるならば、もう迷うことは一つもない。

もう人を好きになんかならない。そう誓ったところでまた

恋はするものではなく落ちるもの。出会うべき人と出会ってしまったらもう、気づいたときには好きになっている。

なぜ男は恋した女を抱いた後、その気持ちが急激に冷めるのか

男と女の恋愛は全く意味が違う。男にとっては女を抱くまでが恋愛のクライマックスであり、一方女は、男に抱かれてからが本当の関係の始まりである。この食い違いにこそ、男女間の最大のミスコミュニケーションの原因がある。

なぜ恋で自分の人生をぶち壊してしまうのか?

人が誰かを好きになる。恋することの向こう側には、生きることそのものの、本質的な理由が隠れている。それは未来を作る一方、自分自身の人生を台無しに壊してしまう恐ろしさを秘めている。

誰からも愛されない。そのことに気づいたとき、真っ先にすべきことは

誰からも愛されない人は、誰も愛していない人。自分に愛していないのに、他の誰かから愛されることはできない。

苦しいほど誰かを好きになることは、真剣に生きている証拠にほかならない

誰かを苦しいまでに好きになってしまった。その想いが報われたか報われなかったかは関係ない。大切なのは人を心から好きになったことそれ自体に意味がある。なぜならそれが「生きる」ということだから。

結婚を焦ったときこそ、この言葉が意味を持つ

作家三浦綾子の出会いと結婚についての名言より。男女には巡り合わせがある。良い出会いを求めるなら、まず自分自身の生き方を見つめ、自分を変えていくこと。そうすればそれに見合う、素晴らしい出会いがやって来る。

なぜ、恋愛においては「来るもの拒まず去るもの追わず」が正しいのか

人の気持ちはどうにもならない。自分のことを好きでない相手を、無理やり自分を好きにすることはできない。