人間

人間

なぜかあなたにネガティブなあの人は「マイナスの恩人」の可能性あり

人生で出会うマイナスの恩人について。出会いには良いご縁悪いご縁があるが、必ずしも悪いご縁が本当に悪いとは限らないかも。
人間

理由もないのに気に食わない人の正体

特にこれといった理由がないけれど、なんとなく好きになれない人。その正体は心理学でこう説明できる。
人間

「人は見た目で判断できる」真実

「人は見た目で判断してはいけません」が間違っている理由。人の性格は顔にでる。どれだけごまかしても、やがてそれは露出する。生まれつきの容姿は関係ない。年齢ともともに、内面が表情に現れる。だから「人は見た目で判断できる」と考えた方が正しい。
人間

男は本来寂しい生き物。結婚しても独身でも、孤独で寂しいのは皆同じ

男の本質を示すサラリーマン川柳の名作より。なぜ男は女よりも寂しいのか?それは、男が競争を運命づけられた存在だから。家庭を築いても独身でも、寂しさの本質は変わらない。
人間

「この人はムリ!」そう感じたら自分の素直な心に従うが吉

なぜ価値観が違う人とは一緒にいてはいけないのか。その理由をシンプルに教えてくれる名言がこちら。
人間

欲は断じて悪ではない。なぜなら欲があるから今よりもっと

欲深いということは、今よりもっと良く生きたいという魂の叫び。大切なのは欲で人生をダメにするのではなく、欲を上昇のエネルギーに変えていくこと。自分が成長するためのエネルギーに変えていくこと。これが正しい欲との付き合い方。
人間

自分のためになる人自分のためにならない人

人生で出会う人にはこの3つのタイプがいる。そのなかで誰と関わり、そして誰と関わらないか。人生の質を下げないために、その区別をつけることが必要不可欠だ。
人間

性善説と性悪説。大切なのはどちらが正しいというよりもむしろ

人生不幸にならないために実用的な考え方が性悪説。人はそもそも悪であり、人を傷つけ苦しめる。その前提で考えておけば、他の誰かに不幸にされそうになったとしても、現実的に対応することができる。
人間

だらしない人はいつもだらしないしケチな人はいつもケチ。つまり人の性格は

人は習慣の生き物。良い習慣を持っている人は良い人になり、良い人生を送る。一方で、悪い習慣を持っている人は悪い人になり、悪い人生を送る。ここに人生失敗しないための、重要なヒントがある。
人間

世の中渡る世間は鬼ばかり。そんな現実がある一方で

人間不信になりそうなあなたにおすすめの言葉。人は必ずしもきれいな存在ではない。わがままで、自分勝手で、誰かを傷つけずにはいらない。しかしその一方で、正しいことを正しいと信じて、まっすぐに生きようとする人がいる。